[UELレビュー] "ロイス楔のゴール"ドルトムント、ポルトに2-0完勝・・・ソク・ヒョンジュン9分
インターフットボール




※一部要約

ボルシア・ドルトムントが圧倒的な姿で勝利をおさめ、FCポルトを軽く制圧した。

ドルトムントは19日、ジグナル・イドゥナ・パルクで行われたUEFAヨーロッパリーグ32強1次戦でピシュチェクの先制ゴールとロイスの楔のゴールによって2-0の勝利をおさめた。




20160219045206b.jpg

20160219045206c.jpg

20160219045206d.jpg


スポンサーリンク
楽天





ポルトを押し倒した"サイド三角編隊"ロイス-香川-シュメルツァー
スポTVニュース

20160219100608.jpg


※一部要約

ドルトムントの左サイドの選手がポルトの守備陣を苦しめた。
フルバックの香川真司を中心にマルコ・ロイス、マルセル・シュメルツァーが水流のようなパスワークでポルトを揺さぶった。
CBマッツ・フンメルスは後方からパスを刺してサイド攻撃を助けた。

中盤で香川がボールを持てば、ロイスにつなげたりシュメルツァーと2-1のパスをやり取りした。
シュメルツァーはSBとして出場したが、守備よりも攻撃に積極的に加担した。
シュメルツァーが攻撃加担すれば、ドルトムントの守備陣は3バックのように動いた。

3選手は攻撃だけでなく守備でも活躍した。
ボールを奪われたらすぐに守備に切り替え、積極的な圧迫でポルトの最前方FWヴァンサン・アブバカルに繋げるパスを阻止したり、逆襲の展開を遮断した。

香川は2ゴールにすべて関与した。
前半6分にムヒタリアンとパスのやり取りをしてピシュチェクの先制ゴールの起点となった。
後半26分にも香川はペナルティエリアから右サイドのムヒタリアンにパスをし、ムヒタリアンは中央に入ってきたロイスに再びパスをした。
ロイスは右足シュートで追加ゴールを炸裂させた。




"9分出場"ソク・ヒョンジュン、強烈だった存在感
スポータルコリア

20160219052203.jpg


※一部要約

ソク・ヒョンジュンがポルト移籍後、ヨーロッパの舞台でデビューを実現したが時間は短かった。
だがその短い時間で大きな存在感を示した。

ソク・ヒョンジュンのライバルであるアブバカルはこの日の試合でドルトムントの守備に完全に阻まれた。
またMFもドルトムントの中盤掌握と攻撃サッカーに押され、アブバカルへのパスが少なくなったこともあった。


20160219052203a.jpg


一方のソク・ヒョンジュンは後半43分、競り合いの状況で集中力を発揮して威嚇的なシュートを放ち、幅広い動きとポストプレーで2列目の攻撃手の動きを助けた。
試合中ずっと苦戦していたアブバカルとの差があらわれたほどだった。
これはペゼイロ監督がソク・ヒョンジュン先発カードを真剣に考慮することもあり得る。

また、ホームで3ゴール差の勝利を狙わなければならない状況で、意外なカードを選択することもある。
特にソク・ヒョンジュンはドルトムントの選手にとって馴染みがない。
彼はポルトに新たな活気を呼び込める才能がある。

ソク・ヒョンジュンにとって今後の課題は、リーグでの機会を生かすことだ。
そのシナリオが実現すれば、ポルトでソク・ヒョンジュンの立場がより大きくなるのは時間の問題だ。



オーバメヤンはこんなチームを捨ててマンUに???
チームの差が話しにならないのに




ドルトムントが勝つのを予想していたが圧倒するとは・・・



同時間の3試合の中で最も目が浄化された試合



ドルトムントを応援します



ソクラタンが良かった
この動きなら主戦まで可能だろう



┗監督も驚かされただろう



ソク・ヒョンジュンはフンメルスも押してしまったのに
先発で見られたらTT


┗フィジカルは良いのだが・・
 かなり粗雑でボールを受けたらしばしば奪われる;;



香川はブンデスリーガを代表する攻撃ミドルらしく
ドルトムントの攻撃を導いた



香川はどうしてあのように滑らかに動いてぱっとパスを刺すのか・・



ソク・ヒョンジュンが先発で出れば1ゴールは決めてたようなのに・・・
惜しい



やはりロイスだ・・・



確かに圧倒的だった



ソク・ヒョンジュンは良い
フンミンより



この両チームはあまりにも早く会ってしまった



まずこのチームは後方にフンメルス、前方にロイス
この二人のクラスだけでそのままやれてるということ・・・



DAI NIPPON TEIKOKU



ソクラタンが良い姿を見せて良かった
ドルトムントが勝って良かった



カシージャスは退物



どうしようもないレベル差の試合だった
ポルトもビッグクラブなのに残念だ



これだからパク・チュホはチャンスがない
あまりにも良いシュメルツァー



香川は上手だった・・
香川>>>ソン・フンミン



┗率直にソン・フンミンは香川どころか岡崎よりも下だ;;
 完全にバブル・・
 香川と比較すること自体がサッカーファンの客観的な視線で見れば
 香川にしてはいけないことだ


┗率直に香川のマンU時代とソン・フンミンのトッテナム時代の今は似てる



仮にもポルトガルの名門チームなのに
ドルトムントがあまりにも圧倒的だった



香川は本当にアジアトップだ認める・・・


┗香川や岡崎も良いが今シーズンのアジアトップは本田だ
 最近のミラン上昇の主役は10番の本田



ほぼハーフコートゲームだった
ドルトムントが圧倒



フルバックの香川真司????



パク・チュホはますます難しくなった



ソク・ヒョンジュンの9分>>>>>>>>ソン・フンミンの66分
ふふふふふ



┗認めます・・・・・


┗フンメルスとの競り合いは良かった



残念だったが動きは良い
このままなら本当に期待できる



ソク・ヒョンジュンが積極的で驚いた



ソンベンチが400億なら君は800億だ



ソク・ヒョンジュン(20億)vsソン・フンミン(400億)



やはり韓国のソクラタン

I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝
ズラタン・イブラヒモビッチ,ダビド・ラーゲルクランツ,沖山ナオミ

東邦出版
売り上げランキング : 6421

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...