リオオリンピックメダルを夢見る日本の悩みはワイルドカード
ベストイレブン




※一部要約

日本オリンピック代表のワイルドカード選抜が難航しているものとみられる。
海外でプレーする選手を別にしても、Jリーグクラブもワイルドカードで選手を渡すことについて拒否反応を見せている。

日本メディア<東スポWeb>は、手倉森誠監督がワイルドカードを望んでいるというジェスチャーを見せると、すぐにJリーグクラブが嫌がる素振りを隠さずにいると伝えた。
手倉森監督は「メダルを取る可能性を高めるための変化が必要なら、オーバーエイジ(ワイルドカード)を使う」と言ったことがある。

<東スポWeb>によると、日本はリオオリンピックが行われる8月にも日程が続く。
日本サッカー協会は大会開幕前に約一ヶ月の合宿練習をする計画だが、そこに元々のオリンピック代表選手はもちろん、ワイルドカードまで渡さなければならないことについて、かなりの拒否反応を示している。

実際に日本のワイルドカードとして議論されている選手は、現在A代表とJリーグで最高の選手として認められている選手だ。
大久保嘉人・宇佐美貴史・槙野智章らが議論されているが、これらの選手はそれぞれ川崎フロンターレ・ガンバ大阪・鹿島アントラーズ(※浦和レッズの間違い)の核心選手であり、A代表にも行き来する選手である。
そのような選手がオリンピックを理由にチームを空けて成績に影響を受ければ、責任を負うべき人間が誰もいないということに拒否感を示していることが分かった。

日本がオリンピックサッカーにワイルドカードが導入された1996アトランタオリンピック以降、ただの一度もワイルドカードを活用したことがないということも、Jリーグクラブの拒否反応を起こす要因の一つとみられる。(※活用したことはある)
オリンピックのぶチアで最高の成績をおさめるためにワイルドカードを絶対活用するべきだと感じている韓国と違い、日本はヨーロッパと同じようにオリンピックサッカーで徹底的に当該年代の選手を送り出してきた。

要するに、成績も成績だが選手の成長により重きを置くというのが、これまでの日本の基調だった。
オリンピックを控えてのワイルドカード選抜論難は、日本サッカー界最大のイシューの一つになる見通しだ。


スポンサーリンク
楽天





韓国と日本、リオワイルドカード選出をめぐって克明な温度差
スポーツソウル




※一部要約

2016リオデジャネイロオリンピック男子サッカー本戦を準備している韓国と日本が、ワイルドカード選出をめぐって克明な温度差を見せている。
韓日両国は1月にカタール・ドーハで行われたAFC U-23チャンピオンシップで1~2位を占め、オリンピック本戦出場権を確保した。
オリンピック本戦では18人の最終エントリーを構成する。
ワイルドカードと呼ばれる23歳より上の選手は、1チームあたり最大3人まで合流可能だ。

Jリーグだけでなく、ハリルホジッチ日本代表監督もワイルドカード選出に否定的な反応を見せていることが分かった。
代表チームは9月初めにワールドカップ最終予選に突入する。
なので主力メンバーがリオオリンピックに出場することに難色を示している。

一方、韓国はクラブの実利より大乗的な次元でオリンピック代表選出に協力してきた。
特に兵役免除のかかった大会という特殊性により、選出に対する反感がほとんどない。
韓国サッカーはロンドンオリンピックと仁川アジア大会で、代表メンバーが続けてメダル獲得による兵役免除の恩恵を受けることになった。
メダルの可能性がより高まり、今後のオリンピックとアジア大会では最終エントリー乗船のための競争がさらに激しくなると予想されている。
Kリーグだけでなく、海外派選手もオリンピック代表選出に積極的だ。
クラブが選出に難色を示せば、選手が直接出てきてクラブ首脳部を説得するほどである。

Kリーグクラブもオリンピックなどの国際大会による主力メンバーの離脱は心配事だ。
代表チームの指令塔はシーズン中の選出の場合、クラブの配分を考慮したりもする。
避けられない状況では、クラブもチームよりは国家を優先に考える傾向が濃厚である。
ロンドンオリンピックのときは、中位圏争いをしていた釜山がイ・ボムヨン、パク・ジョンウ、キム・チャンスらの3人をロンドンオリンピックのメンバーに選出する決断を下したりもした。


マリオ&ソニック AT リオオリンピック(TM)マリオ&ソニック AT リオオリンピック(TM)
Nintendo 3DS

任天堂
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...