50歳、ボールを蹴るのが楽しい年齢・・・日サッカー選手三浦の挑戦
朝鮮日報




※一部要約

オールドファンなら1993年カタール・ドーハで行われたアメリカワールドカップアジア最終予選の韓日戦を忘れることはできない。
韓国はそれまで一段階下だと感じていた日本に0対1で痛恨の敗北を喫した。

当時決勝ゴールを炸裂させたのが、日本のFW三浦知良だった。

その三浦がまだ現役としてグラウンドを駆ける。
彼は数え年で50歳だ。
23年前の韓日戦でともにプレーしたホン・ミョンボ杭州監督より2歳年上で、ソ・ジョンウォン水原監督より3歳年上である。
彼は現在、日本プロサッカーJ2リーグの横浜FCのユニフォームを着ている。

三浦が再び注目されている。
今年8月のリオオリンピック出場の意思を明かしたからだ。
彼は最近、ワイルドカードでオリンピックに出場したいかという日本メディアの質問に、「何より重要なのは夢を失わないこと」として、「第2の故郷であるブラジルで鮮やかに駆けてみたい」と語った。


スポンサーリンク
楽天





日本サッカー界でもブラジル留学1世代として、誰よりもブラジルをよく知ってる三浦を活用しなければならないという意見が出ている。
三浦と同い年の手倉森誠監督は「豊富な経験を持つ三浦に助けて欲しい」という見解を明かした。
いくつかの日本メディアは、三浦にオリンピック代表のコーチを任せろという主張もしている。
これに対して三浦は、現役選手としてオリンピックの舞台で走りたいという意向を明かした。

"カズ"という愛称で呼ばれている彼は、1986年にブラジル・サントスでプロ生活を始め、プロキャリアだけで31年目だ。
去年6月の水戸ホーリーホック戦でゴールを決め、日本プロサッカー最高齢得点記録を打ち立てた。
三浦は「自分の得点記録が注目されるという事実を分かっているので、ゴールを目標にグラウンドで1分でも多くプレーするだろう」と語った。

三浦は日本代表のユニフォームを着て89試合で55ゴールを決め、日本Aマッチ得点2位に上がっている。
だが肝心のワールドカップ本戦の舞台は一度も踏むことができなかった。
この恨をオリンピックで晴らしたいというのが老将の希望である。


【関連記事】
【U23】韓国メディア「韓日戦のドーハショックとサッカーの基本」「ドーハは韓国にとって祝福の地だったが180度変わった」
韓国メディア「ときどき楽しい想像をする。2028年のW杯決勝戦。韓国と日本が会う。もちろん優勝は韓国が占める」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...