シュティーリケ号、ヨーロッパの強豪とのスパーリングに成功
スポーツ東亜




※一部要約

「私たちが強くなるには強いチームと度々会う必要がある!」

サッカー代表のウリ・シュティーリケ監督が何度も強調してきた言葉だ。
これが実現する雰囲気である。
大韓サッカー協会が6月のFIFA Aマッチデイで、ヨーロッパの強豪との2回の評価試合をほぼ成功させた。
どちらも6月11日にフランスで開幕するユーロ2016本戦出場国なので意義がさらに大きい。

当初、大韓サッカー協会のヨーロッパ現地Aマッチ推進計画が公開されたとき、大多数のサッカー人やサッカーファンは、"シュティーリケ号"がオランダやスコットランドなどのユーロ2016本戦に上がれなかった国と激突すると予想した。
本戦に上がった国はどうしても大会直前の最後のスパーリング相手にアジア圏の韓国を敬遠するだろうという先入観のためだった。

だがサッカー協会は最初から発想を転換した。
最初からユーロ2016脱落国は積極リストから除外した。
それらの国はこれ以上失うものがないばかりか、むしろできるだけ多くの補償を要求するだろうという考えからだった。
予想は正しかった。
実際にまず接触した某国の場合、評価試合を望む国々を対象に金額を徐々に上げながら、一種のベッティングをしそうな動きまで見せたという裏話である。
"シュティーリケ号"がヨーロッパ現地でする評価試合シリーズなのだが、サッカー協会が招請者の立場となってマッチフィー(Fee)から体制費用など、すべてを支給しなければならない。
そこにスポンサーやテレビ中継、入場券など各種収益に対する正確な方向性も協議しなければならない。

サッカー協会は▲ユーロ2016出場国▲FIFAランキング最低20位圏などを親善試合の相手の基準として決めた後、こまめに接触してきた。
極秘裏に交渉の綱引きをした結果、その中で2ヶ国と事実上の協議を終えたことが確認された。
評価し合いの場所もそれぞれ別に2都市で、すべてフランスに移動しやすい西ヨーロッパ地域であることが分かった。
現在、契約書へのサインだけが残った。

もちろん交渉は容易いだけではなかった。
ロシアワールドカップアジア2次予選でも無敗街道を走って常勝疾走をしているが、韓国は相変わらず世界サッカーの辺境に近い。
一部の国は韓国のように身を粉にして働き情熱的にプレーするチームと試合を行うことが実践感覚の助けとなるという肯定的な反応を示した反面、別の一部では徹底してマーケティングや興行の次元でアプローチして肘鉄を食らわせた。

サッカー協会の核心関係者は11日、「幸い良い結果が出そうだ。"ユーロ2016脱落国ではなく本戦進出国"という逆転の発想が通じた。契約書をやり取りする前に招請者の国内メディアから国名や開催都市が先に論議されれば交渉が決裂することもあり、各種費用もはるかに高騰するかもしれないという点を了解して欲しい。できるだけ早く公式発表をする」と口を揃えた。


【関連記事】
韓国ネチズン「我が国でもしろ」…日本代表が6月のキリンカップでデンマーク、ボスニア、ブルガリアと3連戦

スポンサーリンク
楽天





待って良かった
負けても得るものが多いだろう!!



┗20位圏なら20~29位まで意味する


┗オーストリアとハンガリーだって


┗西ヨーロッパならどこなのだろう


┗オーストリア、スイス、ルーマニア、ウェールズくらいが候補として浮上


┗ポルトガル、ベルギーのどちらか



すごい、ふふ
すごいね、ふふ
協会会長様と技術委員長様のお二人様がどちらも上手くやってくれたね(笑)



フランスとベルギーだという


┗ベルギーはFIFAランキング現1位なのに私たちとすると言うだろうか?


 ┗それじゃあ私たちはFIFAランキング100位圏外の中東チームとしないのか?
  十分可能性はある


┗フランスやベルギーとして欲しいが
 そいつらが私たちとするだろうか?


┗ポルトガルとイタリアだ
 文章を下げろ


┗スペインやドイツなら良いだろう


┗サンマリノとアンドラです



フランスという噂があったが



どうかホンジュラスのような国とはするな



個人的にはスイスとやって一度蹴っ飛ばして欲しいのだが・・・


┗スイスはすでにホン・ミョンボのとき
 ホン・ジョンホ、イ・チョンヨンのゴールでボコった


 ┗それはスイスが2軍だった


┗当時のスイスは精鋭メンバーでさらにスイス遠征だった


┗スイス遠征ではなく我が国の上岩でやって2対1で勝ったのだ


┗当時はシャキリを除いてすべて主戦だった



現在2試合の日程がない国
スペイン3、イングランド9、クロアチア18、トルコ20、ウクライナ27
現在1試合だけ日程が確定してる国
ポルトガル7、オーストリア10、イタリア15、ルーマニア16、ハンガリー19、
チェコ25、北アイルランド29




シュティーリケ監督に5対0監督というニックネームを
プレゼントしてでも学ばなければならない
世界に進もうとするならば



まず一つはスペインで確実
スペイン代表の日程に記載されている




これまでは弱いチームとだけ会って
あまりにも練習にならなかった



スペインとは確定だ



契約不発でオーストラリア、ウズベキスタンに置き換え・・
こんなニュースは見たくない



日本とフル戦力でやってみよう
一番面白そうだ



相手はドイツがちょうど良い



我が国のスポーツ協会の中で最も良い仕事をしてるようだ



ヒディンク以降から韓国サッカー協会はかなり良くなったようだ



スペインは合ってる
ウィキペディアにFrendly - June 2016, vs South Koreaと記載されてる・・・
良い成績をおさめてくれ~~



成功させた担当者を国会に送ろう



個人的にはイタリアともう一回して欲しい・・
ふふ



ちゃんと働く人が入って明らかにサッカー協会が変わった
政府も見習え




こういうのが必要だった
強豪との試合でこっちは失うものがないだろう



ヨーロッパに負ける方が日本に負けるよりましだ



やはり技術委員長はイ・ヨンス様が一生やる必要があるようだ!



まずスペインとの試合は確定だ



5対0でやられても悪口を言うのはやめよう



前半は対等にやるも後半は体力差のせいで
ほぼハーフコートゲームを予想
4:0になる




きゃー、スペインだって・・

adidas(アディダス)EURO2016 ルシアーダ キッズ サッカーボール4号球 ジュニア 小学生用 検定球 AF4150 WHT Fadidas(アディダス)EURO2016 ルシアーダ キッズ サッカーボール4号球 ジュニア 小学生用 検定球 AF4150 WHT F


アディダス

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...