クォン・チャンフン、日本に雪辱誓う・・・「また会ったら死ぬ覚悟でプレーする」
聯合ニュース




※一部要約

韓国サッカーの8回連続オリンピック本戦進出に貢献したクォン・チャンフンが日本への雪辱の意思を明かした。

スペインで現地練習中のクォン・チャンフンは5日、リオデジャネイロオリンピックに関して「日本と会ったらさらに死ぬ覚悟でプレーしなければならない。より強く準備しなければならない」と明かした。

クォン・チャンフンは先月30日、日本との2016AFC U-23チャンピオンシップ決勝戦で先制ゴールを奪うなどの活躍をしたが、チームが2-3で逆転されるのを見守らなければならなかった。

クォン・チャンフンはオリンピック出場について「本戦ではゴールでもアシストでも、チームを助けられれば満足する。良い結果にするためにもっと熱心に準備する」と誓った。

一方、クォン・チャンフンは昨シーズンのKリーグで10ゴールを炸裂させ、新たな解決士となった秘訣については「水原ではワントップ戦術を使っていて、センターFWが孤立する状況が多く出ていた。私やサントスのような2列目の攻撃手は、センターFWが作った空いたスペースを上手く活用してゴールを決めることができた。(ヨム・)ギフン兄さんやMFがチャンスを多く作ってくれたのもかなり役立った」と語った。


スポンサーリンク
楽天





クォン・チャンフン、「日本戦、本当に1%の油断が大きかった」
インターフットボール




※一部要約

クォン・チャンフンは「オリンピックチームの場合、1~2列目の有機的なプレーが良い。私だけでなく、すべての攻撃資源がゴールを味わった。上手な同僚がいてこそ可能なことである」と評価し、「シン・テヨン監督様は選手が心理的に安定できるように配慮をしっかりしてくださる。特にミスしても大丈夫だという話をたくさんしてくる。"自分たちのプレーをして、自分たちの試合を見せよう"という話を度々される。監督様が好きなのは攻撃サッカーだ。ミスが出ても攻撃サッカーをしなければならない」と強調した。

韓国オリンピック代表は世界初のオリンピック8回連続本戦進出に成功したが、決勝戦で惜しくも日本に敗北を喫し、優勝という画竜点睛を取ることができなかった。
彼は「日本戦ではあまりにもあっという間に失点が続いた。どうやって試合を解くべきなのか、率直にぼんやりしていた」と当時の状況を思い出し、「監督様も慌てて、選手をコントロールするのは容易ではなかっただろう。監督様のインタビューを見たが、本当に1%の油断が大きかった。2-0で勝っていて、自分でも分からないうちに油断をしたのだろう。敗北を喫する過程で特定の選手が間違ったというよりは、チーム全体が問題だった」と分析した。

チャンピオンシップ決勝で会った韓国と日本は、オリンピック本戦で再び激突する可能性もある。
両チームがGLを通過すれば、8強からは対陣によってリターンマッチが実現するかもしれない。
2012ロンドンオリンピックでは3、4位戦で両チームの対決が繰り広げられた。
クォン・チャンフンは再び日本に会えば、より冷静に試合に臨むと誓った。
彼は「再び日本と試合をすれば、流れに沿って試合運営をこちら側で老練にできるだろう。日本と会ったらさらに死ぬ覚悟でプレーしなければならない。より強く準備しなければならない」と力説した。


【関連記事】
【U23決勝】韓国ネチズン「歴代最悪」「眠れない」…韓国が日本に衝撃的な逆転負け
韓国メディア「メンタル崩壊の大逆転ドラマ、主演日本・助演韓国」「“日本は優勝自販機”というスローガンがブーメランになった」
【U23】韓国ネチズン反応…帰国したシン・テヨン監督「リオ五輪本戦で日本の鼻っ柱を折る」
【U23】韓国ネチズン「あるネチズンの腹いせ」「韓国vs日本サッカーの要約」「2:3で負けたのがどうした?率直に何ともない」他
【U23】韓国メディア「韓日戦のドーハショックとサッカーの基本」「ドーハは韓国にとって祝福の地だったが180度変わった」

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)
池田貴将

サンクチュアリ出版
売り上げランキング : 1263

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...