「韓日戦は特殊性がある」と覚悟を固めたシン・テヨン監督
スポーツタイムズ




※一部要約

韓国男子サッカーが8回連続でオリンピック本戦の舞台を踏むことになった。

シン・テヨン監督が導く韓国男子サッカーオリンピック代表チームは27日、カタールとの2016AFC U-23チャンピオンシップ4強戦でリュ・スンウとクォン・チャンフン、ムン・チャンジンのリレーゴールを前面に出して3-1で勝利した。

この日の勝利で韓国は決勝行きのチケットはもちろん、今大会の1~3位までに与えられるリオデジャネイロオリンピック進出権まで確保した。
1988年のソウルオリンピックから8大会連続進出だ。
世界初の記録でもある。

韓国はオリンピック本戦の前に日本と待望の決勝戦を行う。
シン監督は「韓日戦は特殊なものがある。選手の負担を減らし、心配なくしっかりと準備する」と覚悟を固めた。
韓国と日本は30日夜11時45分に決勝戦を行う。


スポンサーリンク
楽天





"僧将"シン・テヨン、「アジアの盟主になっている」
インターフットボール




※一部要約

試合後にシン・テヨン監督は「ヨルダンとの8強戦で厳しい試合をした。今日はカタールを迎えて選手がよくやったし、精神力が後押しとなった」として、「実際、監督に就任したときもオリンピック8回連続という記録に追い込まれた。メディアを通して知ることになったし、熱心にやった選手に感謝し、感心した」と選手にボールを回した。

続けて勝利の原動力について「先に申し上げたように、精神力が生きていた。私たちはアジアの盟主になっている」と付け加えた。




[8連続オリンピック進出] 大業を達成したシン・テヨン「韓日戦も勝つ」
エクスポーツニュース




※一部要約

シン監督は「大記録を達成し、韓国サッカーの地位を高めて光栄」と笑ってみせた。

決勝に上がった韓国は、宿敵日本と優勝をかけて争う。
シン監督は「韓日戦は特殊性のある試合だ。まずは安らかな気持ちで試合をする。それでも私たちが再び上手くやれる姿を見せられるようにしっかりと準備する」と覚悟を伝えた。


【関連記事】
【U23】韓国ネチズン反応…韓国がカタールを3-1で下して決勝進出、宿命の韓日戦

彼女はワロスの盟主さま はじめての天下逃一<彼女はワロスの盟主さま> (電撃文庫)彼女はワロスの盟主さま はじめての天下逃一<彼女はワロスの盟主さま> (電撃文庫)
光野 鈴,笹森 トモエ

KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 167351

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...