<オリンピックサッカー> 「それでも中東はベッドサッカー」・・曲げなかったシン・テヨン
聯合ニュース




※一部要約

8強戦を控えた公式記者会見で、「中東はベッドサッカー」というシン・テヨン監督の発言が中東サッカーの自尊心に触れた。

AFC U-23チャンピオンシップ4強戦を控えた25日、アルサッドスタジアムで行われた公式記者会見で、中東の記者らがシン監督のベッドサッカー発言に執拗に食い下がった。

シン監督は22日、ヨルダンの監督の前で「中東特有のベッドサッカーは紳士的じゃない。見ていてもきまりの悪いほどの試合にならないよう努力しなければならない」と指摘したことがある。

当時、通訳を介してシン監督の言葉を聞いたヨルダンのジャマル・アブ・アベド監督は上気した表情を作り、そのシーンは中東の記者らもそのまま目撃した。

そのためなのか、シン監督にイラクから来たというある記者が挑発的な質問を投げかけた。
この記者は「中東がベッドサッカーをすると言ってたが、4強戦でカタールにされたらどうするのか」と声を高めた。

だがシン監督は"中東はベッドサッカー"という所信を曲げなかった。

シン監督は「カタールはベッドサッカーをしないので関係ない。カタールはホームチームという利点を持ってるが、紳士的なサッカーをしていてマナーのある試合をする」と言った。

同時に「だが他の中東国家はそういう部分(ベッドサッカー)が見えた。世界中のサッカーファンのために、そういうサッカーをしなかったら良いだろう」と言い返した。

シン監督の反撃に、それ以上ベッドサッカーに関する質問は出てこなかった。

シン監督は記者会見後に記者らと会い、「カタールの場合もスペイン出身のフェリックス・サンチェス監督が指揮棒を取っているからベッドサッカーをしないのであって、カタールのプロリーグに観客が集まらないのはベッドサッカーをするから」として、「Kリーグでベッドサッカーをすれば、勝っていても観客に非難を受ける」と言った。


【関連記事】
【U23】韓国ネチズン反応…シン・テヨン韓国監督が記者会見でヨルダン監督を正面から挑発「ベッドサッカーをするな」
【U23韓国-ヨルダン】日本人線審に感謝した恥ずかしい試合、アン・ジョンファンも「アリガト」

スポンサーリンク
楽天





8強戦は韓国の2階ベッドが勝った



ベッドテヨン・・・
無能だ・・・




今回は誤審で勝つんじゃなくてちゃんと勝て



中東はベッドサッカー
韓国は誤審サッカー



韓国のベッドサッカーを完成させたシン・テヨン監督に敬意を表します



客観的な戦力で見ればカタールは韓国より格下で
無難な勝利が予想される
だが生死のかかった試合は違う
虎が兎狩りにも最善を尽くす理由は
いくら弱い相手でも生死をかけるときは状況が完全に違ってくるからだ
ヨルダン戦の後半に押されたのはそれしか理由がない
私たちはすでに1ゴール決めて心に余裕があり
守るだけでもという考えを持っていた
ヨルダンは死ぬ気で積極的に攻撃したから韓国は慌てたのだ
カタールとは違う?
まったく同じだ
ホームなので尚更抵抗が強い



前の試合であんなことしておいてこんなこと言えるのか?



そうだ!
中東はベッドサッカー根性のせいで
サッカー先進国になれない!




カタールには前半で勝負を決めるという気持ちで
2ゴールほどの差を作っておけば後半は快適にできる
序盤の強攻を選択してくれ!



ヨルダン戦の後半は完全に最悪な状態だった
私たちがベッドサッカーじゃなかったか?




誤審でも運でもあんなに戦術運用能力と状況対処能力が不十分なら
オリンピックでは到底期待できない



慢性的な守備不安と決定力不足を速やかに改善してくれ



ただ笑いだけが出てくる
どうかカタールにやられろ
日本にやられないために・・



イカれてる・・・
それじゃあ韓国は審判買収サッカーか??



中東がベッドサッカーをするから観客がいないのなら
韓国はなぜ観客がいないのか(笑)(笑)




それでも地球は回る



この戦力でカタールにどうやって勝つんだ?
早目に3、4位決定戦を準備する必要がありそうだ!



Kリーグは観客が多いのか?
エヒュ・・



ベッドサッカーも戦術だ



間違ってはないだろう
中東の慢性病




私たちはベッドサッカーをするな・・
カタールに大敗しろ・・



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...