<オリンピックサッカー> 「ヨルダン監督、ベッドサッカーをするな」・・・シン・テヨンの石直球
聯合ニュース




※一部要約

シン・テヨン監督が8強戦を前に、相手チームのヨルダン監督に心理戦を繰り広げた。

シン監督は22日、カタール・ドーハのアルサッドスタジアムで行われた2016AFC U-23チャンピオンシップ公式記者会見で、8強戦の変数を尋ねる質問について「ヨルダンは力もあり精神力もあるチームなのだからベッドサッカーをしてはならない」と語った。

マイクを手にしたシン監督は、「中東特有のベッドサッカーは紳士的じゃない。見ていてもきまりの悪いほどの試合にならないよう努力しなければならない」と淀みなく言葉を続けた。

この瞬間、通訳を通じてシン監督の言葉を聞いたヨルダンのジャマル・アブ・アベド監督は眉間を一瞬しかめた。

マイクを譲り受けたアベド監督は上気した表情で「韓国チームは速く、状況によって戦術を変えられる強いチーム」とだけ言い、シン監督の挑発に反応しなかった。





スポンサーリンク
楽天





シン・テヨン監督「ヨルダン、ベッドサッカーをしてはならない」正面挑発
イーデイリー




※一部要約

多分に相手を挑発し、心理的に揺さぶるという意図が込められた発言だった。

シン監督は記者会見後、国内の取材陣と個別に行ったインタビューで「わざとヨルダンの監督の神経を刺激しようとして言った」として、「ベッドサッカーというニュアンスをちゃんと生かす英語表現があれば良かったのに」と言ったりもした。




シン・テヨン監督「8強のヨルダン戦、変数はベッドサッカー」
マイデイリー




※一部要約

韓国とヨルダンが2年前のAFC U-22選手権で対決したことについて、「2年前にヨルダンとした試合を知らないので気にしてない。明日の試合では素晴らしい試合​​をすると思っている。明日の試合だけに集中している」という意味を示した。
韓国は2014AFC U-22選手権のGLでヨルダンと1-1で引き分け、3・4位戦で延長戦まで無得点で引き分けた後PK戦で敗れた。


【関連記事】
【U23】韓国ネチズン反応…8強の対戦が確定、シン・テヨン監督「ヨルダンはベッドサッカー」「豪州より楽な相手」



私たちも対抗作戦で先に1ゴールを決めて横になろう


オンドルサッカーを見せてやろう


┗我が国が中東みたいにしたら私たちが恥ずかしい


┗オンドルサッカー
 ふふふふふふふ



優勝できる!
ファイティン!



勝てる大韓民国!
ベッドサッカーをする前に序盤で終わらせてしまおう



変数は私たちのゴール決定力だ
ベッドサッカーではなく




ヨルダンは弱体じゃないのか??



クォン・チャンフンがベッドサッカーを崩壊させるだろう~



よくやった!
こうやって公開で恥さらしを与えないと自分たちが恥ずかしくならないだろう




そんなの気にせず私たちが攻撃サッカーで行けば問題ない



ベッドを壊してやろう!!!!!!



先制ゴールを決めればヨルダンがしたくてもベッドサッカーはできない
分かるだろう?



0対0の状況でもヨルダンは最初からベッドサッカーを出す可能性も高い
ひたすらPK戦を狙って




とにかく勝とう・・・
ヨルダンくらいは軽く



ベッドサッカーは英語でbed footballである



シュティーリケ監督の後任はシン・テヨンで行こう



こんな石直球で相手を上手く刺激した
これはヨルダンだけでなく中東サッカー全体が刺激を受けて欲しい




どうして相手を刺激するのか・・
正しい言葉でも相手の方は密かに気分を害して
訳もなく試合の様相まで激しくなるかもしれない・・
ただ先制ゴールを決めれば良い・・



何より守備の安定と集中力が重要だ
前半に先制ゴールを許せば10バックでベッドサッカーをして
どうしようもできなくなる



ヨルダン監督の前でこういう言葉はちょっと・・・
もし相手が中国ならこんなこと言ってたか?



Bed soccer is bad soccer



やはりシン・テヨン・・・
本当に優れた監督だ



英語ではgrassrollingと書くようだが



バッドサッカー??
bed?bad?




よく言った
アジアサッカーの発展のためにもベッドサッカーは消えるべきだ
試合時間は横になって引き延ばそうとするものじゃない


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...