増田「今年は優勝で報いたい」
スポータルコリア




※一部要約

強度の体力練習が続いている蔚山現代のタイ・チェンマイ現地練習場。
誰よりも太い汗の雫を垂らしている選手がいる。
蔚山で4シーズン目を迎えた増田である。

2013年に蔚山に入団した増田は、Jリーグ大宮のレンタル期間を含めて3年間チームに留まった。
昨シーズン終了後に契約が満了した増田に、ユン・ジョンファン監督は積極的に再契約を勧めた。

中盤での競り合いが強く、パス能力まで備えている増田は、ユン・ジョンファン監督が2016シーズンを構想して絶対に必要な選手だった。
増田もやはり快くオファーを受け入れ、1年の再契約を結んだ。

増田は「監督様のサッカースタイルをはじめとして、蔚山での生活など様々な部分が、私がスポーツをするのに気楽な環境だ。また、多くの人々が助けとなってくれているのに、まだその声援に恩返しできてない。なので再契約のオファーを受け入れた」と、チームとともにすることとなった背景を明かした。


スポンサーリンク
楽天





"蔚山と再契約"増田、「優勝で報いたい」
インターフットボール




※一部要約

去年の蔚山は期待とは異なり、リーグ7位でシーズンを終えて残念な思いをした。
物足りなさは増田も同じだった。

「(昨シーズンは)一言で"良くなかったシーズン"だった。すべてのことが良くなかった。私はそれなりに経験の多い選手と思っていたが、その経験をチームのために何かもっと使えてなかった部分を後悔している」

そのような心構えは練習場での動きに繋がっている。
いつも真面目な増田だが、今回の現地練習地では彼の練習の姿がさらに目立っていた。

「今年は去年と比べて若い選手がさらに多くなった。選手団はみんな明るく、良い雰囲気の中で練習に臨んでいる」と雰囲気を伝えた増田は、続けて「今が選手にとっては(体力的に)厳しい時期だ。だが選手全員が互いに気を使い、声を高めてきている。シーズンが始まれば間違いなく去年とは違うだろう」と明かした。

最後に増田は「目標は優勝だ。個人的にはまだ蔚山に来て優勝がなく、チームももう一段階上がるためには優勝が必要だ」と抱負を明かした。
続けてファンにも「去年は結果が良くなくて申し訳ない。今年はファンが喜べる結果を出す。競技場で私たちと一緒に戦って欲しい」と声援を頼んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...