イ・ヨンピョ委員「多得点が優先?ファンの野次が必要」
韓国スポーツ経済




※一部要約

Kリーグがリーグ活性化のために変化を試みた。

韓国プロサッカー連盟は18日、「既存の"勝ち点→得失点差→多得点→最多勝→勝者勝→罰点→抽選"の順から"勝ち点→多得点→得失点差→最多勝→勝者勝→罰点→抽選"の順に順位決定方式を変更した」として、「勝ち点が同じの場合、得失点差より多得点が優先である。得点の増加など攻撃サッカーを誘導し、試合の迫力感を高めようと考えている。ファンの満足度も同時に高めるための措置である」と明かした。
この制度は今シーズンからKリーグクラシックとチャレンジ、Rリーグのすべてで実施される。

リーグ活性化の側面で、攻撃サッカーの誘導は望ましいという評価である。
去年11月、シュティーリケ代表監督もKリーグの発展について語り、攻撃サッカーを強調した。
去年のKリーグの1試合あたりのチーム別得点は1.2ゴール(チャレンジは1.11ゴール)に過ぎなかった。
イングランド(1.28ゴール)やスペイン(1.35ゴール)、イタリア(1.35ゴール)などのビッグリーグはもちろん、日本(1.34ゴール)と比べても少ない数値である。
得点の出ないサッカーはそっぽを向かれがちだ。
観客誘致などのためなら、リーグはゴールが増えるサッカーをしなければならない。


20160120101103a.jpg


スポンサーリンク
楽天





だが憂慮の声もある。
ハン・ジュンヒKBSサッカー解説委員は本紙とインタビューで、「得点を増やそうと考える連盟の苦心は100%理解する」としつつも、このような制度の変更で発生しうる問題点を指摘した。
彼は「得点することに劣らず、失点を少なくするのもスポーツの重要な価値である。守備戦術で優れていることも軽視することはできない部分なので、ゴール得失より多得点を優先視するのはサッカーの総合的本質にあまり合致しないとう考えだ」と主張した。

"制度の変更で攻撃サッカーが活性化されそうか"という問いにも、ハン・ジュンヒ解説委員は疑問を呈した。
彼は「後で得になるかもしれないので、選手が試合の最後まで攻撃的に出る可能性はある。スプリットの直前やシーズン終盤の数チームが、ゴールを決めることに関心が大きくなる余地はある」としながらも、「だが結局は勝ち点が道立のときだけ多得点が優先される。相変わらず最も重要な部分は勝ち点なので、全チームが攻撃を優先視する理由はない」と答えた。
続けて「勝ち点が同じのとき、この方式であれば"100得点50失点"のチームが"101得点75失点"のチームより遅れているということになる。野球のホームラン、バスケの3点シュート、バレーボールのバックアタックが多ければ、チームの戦力がより上であると見ることはない。他リーグではなぜこのような制度を施行しないのか、理由があるだろう」と強調した。

イ・ヨンピョKBS解説委員は連盟の制度の変化について「攻撃サッカーを誘導する小さな効果を出すことはできる」としながらも、認識の変化が優先だと声を高めた。
彼は「勝敗だけを考えるサッカーから、楽しむサッカーが優先だという認識の変化が必要だ。クラブ、監督、選手だけの問題ではない。ファンもチームが勝つことだけを望むのがファンであるということから脱し、チームが勝っていても攻撃しない消極的な試合に野次を送れるマインドがなければならない。ファンの歓呼と野次が適切なときに、選手は攻撃的に変わることができる」と助言した。


20160120101103b.jpg



バックパス2回以上で退場させたら自動的に攻撃サッカーが発展する



こうしても問題
ああしても問題



プロリーグはプロ野球
代表の試合はサッカーを見れば良い



ハン・ジュンヒ委員が言った"サッカーの本質を害する"という
表現が本当に合ってるようだ
101得点99失点より100得点1失点の方が上手なチームで
より良い待遇を受けるべきではないのか?



┗ところで常識的にお前はその2チームの勝ち点が同じになると思ってるのか


┗あまりにも正しい言葉である・・・


┗こんな極端なことはなくても意外にあり得る
 3年前だったか日本ではガンバ大阪がすごい高得点を取っても降格した記憶がある
 そう考えれば得点数と勝ち点は関係ないかもしれない


 ┗うわ・・・ガンバ大阪・・思い出した
  リーグでは五本の指に入る多得点チームだったのに降格・・・



ヨンピョ兄さんがそう言うならそうなのだろう


┗イ・ヨンピョ教団でも作らなければならない



やはりゴッドヨンピョ・・
普通の解説委員とはレベルが違う



変化を与えようとする試みは肯定的だ
ただし現場で大きな違いはなさそうだ
多得点でも勝ち点が優先だから安定的な試合をするだろう



率直につまらなかった
一度見に行ったが楽しくなくてそれからは行ってない
少しの変化でも必要だろう




Kリーグでプレーするのが嫌であちこちを転々としてた野郎が
Kリーグを大切にしているふりをするため本当にいろいろやってるな



中継もないのに100ゴールであろうと1000ゴールであろうと何の意味が・・
ダイナミックなカメラアングルで迫力感の溢れる選手の試合、
監督の口が立つのが面白いことなのだ・・



これだと2:0で負けるより10:1で負ける方が有利になるのだが?



ゴールが多く出るようにするには勝ち点をゴール得失差だけで認めれば良い
5対0の勝ちは勝ち点5
負けたチームは-5
どのチームでも最後まで歯を食いしばってプレーする



┗うわ・・・このアイディアは完全に大当たりだ・・・(笑)



5年以内に無条件で再修正されるだろう



0対0で引き分けたら両チームに勝ち点を与えない
という方案のほうがむしろマシだ



ヨンピョ兄さんのマインドは本来監督をするのに良い素材なのに!
解説委員をするのは人材の無駄だ!



0対0の引き分けなら両チームに勝ち点0を与えるのはどうか・・


┗試合の追加時間の終盤に1ゴールずつやり取りして
 1点ずつ分け合うだろう・・



とにかく変わったので肯定的な効果を期待てみる・・



中継を良くしろ
中継技術、カメラワークを少し上手くやるだけでも
今よりかなり良くなるはずなのに間抜けなのか・・・



イ・ヨンピョ解説委員にひとこと言いたい
Kリーグを中継しても見ないと伝えろ



無駄なことだ
勝ったときに3点を与える制度が攻撃サッカーを誘導する
必要十分な制度である




カメラの問題ではなくカメラマンの野郎の問題だ
サッカーを専門にしてる連中じゃないから



勝ったら4点、引き分けたら1点



そんなことを考える時間で中継について悩んでくれればと思う



無得点の引き分けに勝ち点を与えないようにしよう・・・
むしろそれの方が良い・・・(笑)



制度よりもFWのためにペナルティボックス付近で
厳格にファールを取れば役に立つのでは?




認める
攻撃だけやってバランスが崩壊して
相対的にDFが無視される効果もあり得る



中継をまずしろ
PCで見るのは本当に物哀しい



イ・ヨンピョは考えそのものが違う・・
今日も学んだ



年俸公開、、、、、多得点優先の原則、、、、、
次はどんなことをするのか・・・




DFはどうするんだ?



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...