ソン・フンミン、岡崎との再対決ではKO勝ち
ベストイレブン




※一部要約

21日にキングパワースタジアムで行われたFAカップ3ラウンド(64強)再試合で、ソン・フンミンが1ゴール1アシストを記録したトッテナム・ホットスパーがレスター・シティを2-0で下して4ラウンド進出に成功した。

この試合でソン・フンミンは久しぶりに先発出場して前半には得点、後半にはアシストを記録して後半38分に交代アウトとなり、この試合で最も輝いた主演となった。

一方、ソン・フンミンとともに先発出場した岡崎はこれといった活躍を繰り広げられず、後半31分に交代アウトとなった。(※岡崎は後半からの途中出場)
岡崎はソン・フンミンと対決を繰り広げた前のFAカップ3ラウンドで、1-1だった後半3分に猪突的なプレーからゴールを決めて2-1に試合をひっくり返した。

もちろんその試合は終了直前にケインがPK同点ゴールを放って2-2で引き分けたが、岡崎の活躍はソン・フンミンに判定勝ちをおさめるのに十分だった。

だが10日ぶりに行った再対決では、ソン・フンミンの方がはるかに良かった。
岡崎に判定負けを喫したソン・フンミンは1ゴール1アシストを記録してKO勝ちを勝ち取り、10日前の結果とはまったく異なる結果を作ることに成功した。


スポンサーリンク
楽天





"ワンマンショー"ソン・フンミン、岡崎との再対決で笑った
マイデイリー




※一部要約

"ソンシャイン"ソン・フンミンが1ゴール1アシストのワンマンショーで、日本出身FW岡崎慎司との再対決で笑った。

ソン・フンミンの日だった。
これまで続けてベンチを守って主戦競争に赤信号が灯っていたソン・フンミンはこの日、先発で出場して序盤から活発な動きで相手ゴールを脅かした。

岡崎との再対決でもソン・フンミンは笑った。
2-2で引き分けた3ラウンドで岡崎は、二人のDFを抜いてゴールを決めて注目を浴びた。
だが今回の試合では、岡崎が沈黙してる間にソン・フンミンが決勝ゴールを記録してミニ韓日戦の勝者となった。




"1ゴール1アシスト"ソン・フンミン、岡崎とのミニ韓日戦で痛快な雪辱
OSEN




※一部要約

岡崎とのミニ韓日戦でも気持ちの良い雪辱に成功した。
岡崎はこの日、後半開始と同時にグラウンドを踏んでソン・フンミンとともに敵としてグラウンドに立った。

だが最終的な勝者はソン・フンミンだった。
再試合で決勝ゴールとともに1アシストを添えて、岡崎の脱落の痛みを抱かせた。
韓国と日本の両国を代表するFWの対決は、結局ソン・フンミンの完勝で終わった。





【関連記事】
韓国メディア「アジア出身FWのソン・フンミンと岡崎慎司、ブンデス出身EPL新入生の明と暗」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...