[人サイド] パク・チュホ②|"ベプ(※ベストフレンド)"香川とギュンドアン、"控えめ"ロイス
フットボールリスト




※一部要約

パク・チュホの所属チームが韓国選手の中で最も名門のボルシア・ドルトムントというのは不思議なほど関心外だ。
単に財政規模が大きく選手団が華やかだという意味ではない。
ドルトムントは現在のヨーロッパで、最も戦術的で賢明な方式で試合のスピードを高めているチームの一つである。
目が楽しいサッカー、感嘆を誘うサッカーをする。

パク・チュホにチームメイトやクラブについて話を聞いた第一に理由はもちろん、世界的なクラブとその構成員が気になったからだった。
足の爪まで代わりに切るチームで、イルカイ・ギュンドアンと冗談を叩く韓国選手の話は簡単に触れられることではないと。

同時にパク・チュホが同僚たちと結ぶ関係は、現在のパク・チュホを構成する重要なブロックだ。
パク・チュホの側を通り過ぎた香川が不思議な声で「チュ~ホ」と叫んでインタビューを邪魔した。
トゥヘル監督はげっそり痩せた体にリュックを背負い、典型的な先生のような外見をしてニコニコと笑い「イエス、イエス」を繰り返した。
サッカーチームではなくギャグサークルのような雰囲気だった。


#シンジ#香川#仲良し#いたずら王#日本語コンビ

シンジですか?
最も親しいです。
生活するのを傍で見守り、"成功する資質を持っている選手"と言えます。
チームに合わせようとすごく努力して、選手にいたずらをかなりしてしっかりと受け入れられてます。
これがかなり重要です。
私も海外にいていたずらが重要だと考えてきました。
海外生活のポイントでしょうね。
しっかりと合わせる性格に繋がります。
すべてのアジア選手が肝に銘じなければならない点です。

チーム外ではシンジと行動してます。
一人で休むことがあると必ず連絡してごはんを食べるかコーヒーを飲もうとします。
私がいたチームよりここはレベルが高いでしょう。
シンジが"あまり意識せずやっていた通りにしろ。君もドルトムントの選手だ"というニュアンスのことを言ったことがあります。


スポンサーリンク
楽天





二人でいるときは日本語で話します。
初め私が獲得されて、周囲の選手はみんな尋ねました。
韓国と日本は同じ言語を使っているのかと。
私は日本で3年生活していたので日本語が上手なのだと言いました。
ところがチームで日本語は禁止です。
監督様が作った規則で、他の選手といたら英語やドイツ語でみな等しく話さなければなりません。


#イルカイ#ギュンドアン#仲良し2号#しょっちゅう私に連絡する

イルカイ・ギュンドアンまでの三人で行動してる方です。
私が来る前からシンジとずっと行動してました。
イルカイが先に私たちに連絡を多くします。
トルコ系だからなのか、家族同士の絆が良いんです。
競技場に家族や親戚が本当に多く来ます。

シンジとイルカイは私たちのチームの中央で最もボールを多くやり取りして、戦術の主軸となる選手のは合ってます。
練習のとき二人一組でボールを回すと、いつもシンジとイルカイが一緒にします。
練習後も一緒です。
なので試合でも上手く合うようです。
私もマインツにいたとき、岡崎と練習でも外でも行動しました。
そうすると口数が少なくても、別の所を見ていても、その友人の動作を見ると思わず良いパスをすることになります。
一緒にすることが習慣になると上手く合うんです。
三人一組でボールを回すときは当然私までの三人でします。





#マルコ#ロイス#控えめ#サッカーをするときは鋭敏

外見から伺えるイメージ通り、選手団の中でも控えめです。
いたずらをするときだけ一回ずつ入るくらい。
それでも練習場ではかなり積極的です。
FWだけの鋭敏さというのがあるでしょう。
ボールをくれと言ってるのに出さなければジェスチャーでアピールする。
こっちは空いてるのになぜ出さないのかと強く言ってるのを見ると、"あっ、FWだね"という気がします。
FWだけのアクションがあります。
私たちのフンミンも持ってます。


#トーマス#トゥヘル#マインツの時から私を好む#説明虫じゃない

マインツのときとは違いました。
相手の後ろのスペースを狙う速いサッカーをしようとするのはまったく同じです。
だが大きな差異点はマインツのときは縮こまってからそのようなサッカーをして、ドルトムントでは支配的な試合をしてからスペースを狙うというのが最も大きな差のようです。
ミーティングで選手と個別に話はしません。
注文の多いスタイルとは違います。
簡潔で明瞭に話すというのが特異です。
戦術を変えたかったらある選手に"このポジションに下がれ"と一言だけします。
それでも伝わります。


#ドルトムント#足の爪を切るチーム

マインツにいたときとは違うことが多いです。
まず今通り過ぎた人が料理人です。
あの方がいつも常駐して栄養に見合ったご飯をすべてしてくれます。
そして足の管理をする人が別々にいて、足の爪を切って角質を除去し、足の傷を管理してクリームも塗ります。
足の爪は肉に食い込まないように切り、選手ならあるタコが大きくなって痛む前に管理するんです。
何の効果があるのかまだ分かりませんが。
そして体の骨格を整えてくれる人などなど。
様々な方面で本当に上手く行ってるようです。


【関連記事】
【ゴールシーンあり】韓国ネチズン反応…全北がドルトムントに1-4の完敗 パク・チュホゴール、香川アシスト
韓国ネチズン「2015を輝かせた韓日ベスト11」「ドルトムントの会食」「ちょっと待って!!まだ乗れてません!!!」他



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...