[オフィシャル] 光州FC、J2リーグ大分からキム・ジョンヒョン獲得
スターニュース




※一部要約

プロサッカー光州FCが2016シーズンの戦力強化でスピードを出している。

光州FCは18日、「日本J2リーグの大分トリニータで活躍したキム・ジョンヒョンを獲得、練習に合流させた」と公式発表した。

キム・ジョンヒョンは中東高在学時代、中盤のテクニシャンに挙げられU-15、U-17、U-18の青少年代表を過ごした実力派である。

2012年に大分トリニータに入団した。
デビュー初年度は膝の負傷で2試合の消化に終わったが、その後出場数を増やして競技力を回復した。
通算29試合に出場して2得点を上げた。


スポンサーリンク
楽天





[Kリーグ] 光州、青代出身テクニシャンのキム・ジョンヒョン獲得
MKスポーツ




※一部要約

光州は18日、「タイ冬季練習前の選手団にキム・ジョンヒョンが合流した」と獲得の事実を伝えた。

"中盤のテクニシャンでボール保持能力とテクニックが優れている。得点に繋げられるロングパスも長所に挙げられる"という説明も加えた。

彼は「光州の活躍像を聞き、日本で試合を調べてみた。非常に魅力的なチームだということを感じられた」として、「まだ不十分だがチームが望む選手になるため最善を尽くす」と入団の所感を語った。

17日の1次冬季練習を終えて19日に2次キャンプ地のタイへ発つ光州は、"まだ選手団の構成は進行中"だとして、"今後数人の選手を追加で獲得する"と明かした。

先に光州はチョン・ジョグク、キム・ミンヒョク(以上FCソウル)、チョ・ソンジン(FC安養)を獲得している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...