[単独インタビュー] ドーハで会ったマンシティスカウト「"第2のソン"はどこかにいないか?」
日刊スポーツ




※一部要約

カタール・ドーハで行われているAFC U-23チャンピオンシップはヨーロッパクラブのスカウトの戦場である。

アジアの有望株が立ち向かう最高の大会らしく、ヨーロッパクラブの関心が熱い。

日刊スポーツは14日に行われた韓国とウズベクのC組1次戦のハーフタイムのとき、一人のヨーロッパスカウトに会った。

彼はプレミアリーグ最高の金持ちクラブ、マンチェスター・シティ所属だと言った。
最初に「何も言えない」とインタビューを断り、名前と顔は公開しないという前提でいくつか話を聞かせてくれた。

彼は「私はマンチェスター・シティのスカウトだ。マンチェスター・シティに有望株の情報を提供し、外国の良い選手、特に若い選手を発掘できるように助ける役割をしている」と自分を紹介した。


スポンサーリンク
楽天





20160115060102a.jpg


ドーハに来た理由について「技量の優れているアジアの若い選手が大挙出場する大会じゃないか。スカウトの立場ではとても魅力的だ。もちろん今すぐ本格的な獲得手続きを踏むのではないが、まずは可能性を見るために来た」と伝えた。

続けて「計18試合を観戦する計画だ。今大会に参加している数チームを見守るだろう。韓国代表チームの試合は、とりあえずGL2試合は必ず見る」と説明した。


20160115060102b.jpg


前半を見た感想を聞くと、すぐ「韓国のバックナンバー20番(ファン・フィチャン)は本当に印象的だった。彼の動きは本当に良い。力があって威嚇的だ」と親指を立て、「今日の試合で最高の姿を見せた。彼がザルツブルク所属なのも知っている」と賞賛を続けた。

インタビューの終わりに彼は「あなたが評価する最高の有望株は誰か。名前はあまり知られていなくても、技量が優れている選手はいるのではないか」とむしろ質問を投げかけた。
「有名じゃなくても良い。その代わり潜在力の大きい選手がいれば言って欲しい」と笑みを浮かべた。

そして最後の言葉を残して席を外した。

「私が望む選手は"ソン(・フンミン)"のような選手だ。"ソン"はイングランドでも価値を認められている選手である。そういう可能性が見える選手を切望している。知っているなら必ず私に推薦して欲しい」


【関連記事】
【U23】韓国ネチズン反応…ヨーロッパのスカウトがクォン・チャンフンを見るためドーハに集結、韓国と日本の選手に関心

ナイキ(NIKE) マンチェスター・シティ グローバル フットボール サポータースカーフ & グローブ 2点セット (手袋 S/M)ナイキ(NIKE) マンチェスター・シティ グローバル フットボール サポータースカーフ & グローブ 2点セット (手袋 S/M)


Nike

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...