<オリンピックサッカー>代表チームに負傷注意報・・・ソン・ジュフン鼻骨ひび
聯合ニュース




※一部要約

8回連続のオリンピック本戦進出に挑戦しているシン・テヨン号に負傷注意報が下された。

大韓サッカー協会は15日、CBのソン・ジュフン(水戸ホーリーホック)がカタール・ドーハ市内にある病院で精密検査を受けた結果、鼻骨にひびを発見したと明かした。

ソン・ジュフンは前日、ドーハで行われたウズベキスタンとの2016AFC U-23チャンピオンシップC組1次戦で、相手チームの選手に顔をぶつけた。

ソン・ジュフンは鼻骨に細かいひびが入ったが、試合出場は不可能ではないというのが代表チームの説明である。

身長190センチのソン・ジュフンは、1次戦でウズベキスタンの長身ストライカーイゴール・セルゲエフを無失点に封じ込めるのに決定的な貢献をした。

目標達成のために最善を尽くしながらも、追加で怪我人を出さないように気をつけることが、代表チームの新たな課題として浮上した。


スポンサーリンク
楽天





"鼻骨負傷"ソン・ジュフン、マスクを着用すれば試合出場可能
マイデイリー




※一部要約

ソン・ジュフンはC組1次戦を終えた後、鼻の痛みを訴えた。
ソン・ジュフンはチームドクターとともにAFC指定の病院を訪れて精密検査を受け、鼻骨にひびができていると診断を受けた
ソン・ジュフンはウズベキスタン戦の回復練習に参加しなかった。

ソン・ジュフンは鼻骨を負傷したが、試合出場が不可能だったり正常な生活が不可能な水準ではない。
その代わり、試合出場する場合は鼻を保護するためのマスク着用が必要な状況である。

サッカー協会はAFC指定の病院に勤めるチョ・インヒョク前サッカー協会義務トレーナーの助けを受け、ソン・ジュフンが着用するマスクを作った。
ソン・ジュフンが着用するマスクは、AFCの承認手続きを受けている状況だ。

一方、初戦でウズベキスタンに勝利をおさめて8強進出争いで優位を占めた韓国は、16日にイエメンを相手に2次戦を行う。


快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入


白元アース
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...