ソン・フンミン有効シュート0、岡崎ゴール・・・韓日FWの交錯した悲喜
スポーツソウル




※一部要約

ソン・フンミンを応援する国内ファンにとって気まずいシーンは後半序盤に出てきた。
ラニエリ監督は後半開始と同時にエンゴロ・カンテの代わりに岡崎慎司を投入した。
FAカップで"ミニ韓日戦"が開かれたわけである。
岡崎は後半キックオフの3分目にゴールを味わった。
同僚のスルーパスを受けた彼は、ペナルティアーク左側からドリブル突破をして右足シュートを試みた。
GKがクリアしたが再びリバウンドシュートでゴールを決めた。
これまでリーグだけで3ゴール(18試合)を決めている彼は、シーズン4号ゴールを達成した。
岡崎のゴールに、ソン・フンミンも刺激を受けたかのようにより忙しく動いた。
2分後のCKで流れたボールを左足シュートに繋げようとしたが外れた。
後半8分と12分にもゴール前で続けてシュートを試みたが、守備の体に当たって後退した。




"ミニ韓日戦"で悲喜が交錯したソン・フンミンと岡崎
スポーツ朝鮮




※一部要約

ソン・フンミンの立場ではチャンスだった。
ポチェッティーノ監督は今回のFAカップで主軸選手を大挙外した。
主戦跳躍のために強い印象を残さなければならなかった。
だが大きなチャンスを掴めなかった。

ソン・フンミンが振るわない間、レスター・シティの日本人FW岡崎慎司が得点に成功した。
後半開始と同時に投入された岡崎は、後半3分にゴールを味わった。
岡崎は終始鋭い動きを誇示してソン・フンミンに苦味を抱かせた。

両選手は並んで今シーズンにドイツを去ってイングランドに進出した。
始まりはアジア最高の身代金を記録したソン・フンミンがより大きなスポットライトを受けた。
だが今は違う。
岡崎はヴァーディやマーレズなどの活躍に押されているが、献身的な動きで自分の役割を果たしている。
ソン・フンミンが学ばなければならない部分でもある。


スポンサーリンク
楽天





"無色無臭"ソン・フンミン、岡崎のゴールへの執念を学べ
スポータルコリア




※一部要約

ソン・フンミンの惜しかったプレーは、後半に投入された岡崎と対比された。

岡崎は適切なポジショニングで追加ゴールを狙った。
効率的に動き、ゴール前で必要な瞬間に個人技を発揮してトッテナムの守備を攻略した。

特に後半3分に出た、ゴールに向かう岡崎の恐ろしい執念はソン・フンミンが見習わなければならないシーンだった。

最近のソン・フンミンのプレーを見ると、長所がすべて消えた。
ただゴール前で強いシュートによってゴールを作り出そうとするプレーを見せている。
だが正確度は落ちる。
岡崎のプレーはソン・フンミンに足りない点が何なのかを示した教本だった。




ソン・フンミン、岡崎とのグラウンド韓日戦で"完敗"
ノーカットニュース




※一部要約

この試合では後半の45分間、アジアサッカーを代表する韓国と日本の"自尊心対決"も繰り広げられた。
レスターは後半開始と同時に岡崎慎司を投入し、ソン・フンミンとの対決に出た。

イングランドで繰り広げられた"グラウンド韓日戦"は惜しくも岡崎の判定勝ちに終わった。
ソン・フンミンが試合終了まで沈黙を守ったのとは異なり、岡崎は投入3分目にゴールを上げた。
交代投入された岡崎は、ゴール前での積極的な動きでゴールを炸裂させた。

試合の流れを変えた岡崎のサプライズゴールに英国現地の反応も熱い。
BBCは岡崎のゴールを"目覚ましい衝撃(What a impact)"として、SNSでゴールシーンをサッカーファンは必ず見るべきシーンと紹介した。

過去にイングランドサッカーを代表したFWアラン・シアラーも「特別な意味を持つ岡崎慎司(Significant Shinji)」として、「また再び失敗を繰り返しそうなレスターだったが、クラウディオ・ラニエリ監督の卓越した選択」と高評価した。

過去にトッテナムを導いたデビッド・プリートもやはり「日本人FWのとてつもない活躍」として、「トッテナム守備陣に向かって、固く決心したかのように強力な疾走を披露した」と賞賛した。


【関連記事】
【FAカップ】韓国ネチズン「ゴールした岡崎>>>ソン・フンミン」…トッテナムとレスターが引き分けて再試合

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿恵政権との500日戦争なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿恵政権との500日戦争
加藤達也

産経新聞出版 2016-01-29
売り上げランキング : 87701

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...