中・天津、サガン鳥栖キム・ミンヒョクと交渉中
スポーツソウル




※一部要約

日本Jリーグのサガン鳥栖でプレーしているアジア大会代表出身DFキム・ミンヒョクが、中国スーパーリーグの天津泰達に移籍する見通しだ。

中国メディアは「天津が韓国人DFキム・ミンヒョクを獲得リストに載せて交渉中」と報じた。
崇実大出身で2014年に鳥栖に入団した彼は、CBはもちろん守備型MFとSBもできる全天候守備資源である。
2年間鳥栖の主戦として活躍し、52試合を消化した。
去年の仁川アジア大会ではチャン・ヒョンスとともに主戦CBとして6試合に出て、無失点で金メダルの獲得に大きく貢献した。
8月の東アジアカップにも最終エントリーに上がって"シュティーリケ号"と縁を結んだが、Aマッチデビューは達成できなかった。

天津は2015シーズンのスーパーリーグで16チーム中13位になり、降格を辛うじて免れた。
守備補強の次元でキム・ミンヒョク獲得を推進しているものとみられる。


スポンサーリンク
楽天






[オフィシャル] 水原三星、FWキム・ジョンミンと新人7人獲得

ブルーウィングスメディア




※一部要約

水原三星ブルーウィングスが日本の徳島ヴォルティス出身のプロ5年目FWキム・ジョンミンをFAで獲得した。
また、自由契約(2人)と優先指名(5人)で7人の新人選手も選抜し、2016シーズンを前に戦力補強に入った。

キム・ジョンミンは世一中-長薫高を経て2011年から日本Jリーグに渡った。
徳島ヴォルティスで5シーズン、ストライカーとして活躍したキム・ジョンミンは104試合に出場して13得点3アシストを記録した。

23歳という若い年齢にもかかわらず、プロ100試合の出場経験と188センチの大きな身長、ポストプレーを備えているキム・ジョンミンの合流は、水原の攻撃力強化に大いに役立つと予想される。





サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブサッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ
小澤一郎

カンゼン
売り上げランキング : 264729

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...