"お父さん"になったイ・チョンヨン帰国・・・ボクシングデーは韓国で家族と
スポーツソウル




※一部要約

イ・チョンヨンが23日帰国した。
前日の22日に初めての娘が世の中の光を見たからだった。
21日のストーク・シティとの試合で幻想的な決勝ゴールを炸裂させたイ・チョンヨンは、ゴールを決めた興奮でお父さんになった興奮を加え、急遽帰国した。
イ・チョンヨンは独りで出産の苦痛を勝ち抜いた妻、元気に生まれた娘とともにクリスマスを病院で過ごした。
26日現在、国内で家族との時間を過ごしている。
イ・チョンヨンの父親イ・チャングンさんは「妊婦と子供のどちらも元気だ」と語った。

お父さんになったイ・チョンヨンはクラブの許可を得てしばらく帰国しているが、家族と過ごせる時間は長くない。
新年の来年1月3日に行われるチェルシーとのホーム試合を行う前には所属チームに戻る予定である。
"ボクシングデー"に行われるボーンマスとの遠征試合をはじめ、28日に予定されているスウォンジー・シティとの対決にも出られなくなった。
自然と2試合連続攻撃ポイントを記録できるシーンも、仲の良い同僚キ・ソンヨンと行うコリアンプレミアリーガーの対決の瞬間も次の機会に先送りすることになった。

クリスタル・パレスは負傷で選手の資源が十分ではない状況だ。
戦力で復帰する選手より離脱した選手が多い状況なので、イ・チョンヨンが出場機会を得られる可能性が比較的高い状況だった。
特にストーク・シティ戦で得点感覚を見せて、アラン・パーデュー監督をはじめとしてファンの期待感を育んで先発出場する可能性も少なくなかった。

"家長"イ・チョンヨンが"家"を留守にしている間に妊婦が元気な娘を出産したことも、子供が無事に世の中の光を見ることになったのも、彼の家族全員にとって大きな祝福だ。
一方、"選手"イ・チョンヨンが良いチャンスを掴める瞬間に"チーム"を空けることになり、残念だという周囲の視線もある。
父親イ・チャングンさんは「ボクシングデーの2試合はプレーできないことになった。良い雰囲気のときに子供が生まれ、時期的に惜しいと考えることもできる。だがまだ今シーズンに多くの試合が残っている。チャンスが与えられたときに良い姿を見せただけに、またチョンヨンに出場機会が戻ってくるだろう」と語った。


スポンサーリンク
楽天




どう見てもパーデューはイ・チョンヨンをあまり
重要な資源と見ていないようだ
ボクシングデーで選手も負傷してるのに
韓国に送るくらいなら今回移籍させられるかも



┗試合が重要なのか家族が重要なのか


┗メッシも妻が第二子を生んだときAT戦でベンチから始めた



はっ・・
ファンとして笑うべきなのか泣くべきなのか・・
得女おめでとう!!
所属チームでも良い活躍を期待します!!



どうせ数シーズンぶりの1ゴールでこれまで使ってなかったのだから
突然使うことになることもないだろう
いっそのこと出産もあったのだから家族と年末を過ごした方が良さそう



もうイ・チョンヨンは年齢が29なのか?


┗来年なら満で28歳だ多分



それでも選手イ・チョンヨンの試合出場が惜しい・・・
先発出場が2試合のうち1試合は保障されてたはずなのに



家族はもちろん重要だろうが・・・
クラブの立場では意欲がないように見えるかも



┗典型的な奴隷根性マインド


┗外国人は家族が優先だ


┗ヨーロッパの他リーグでも同じだがプレミアリーグは
 子供が生まれたら休暇を与えるのは必須に違いない・・・
 いくら状況が急でも休暇を与えないとクラブはすぐ物議に上がる



イ・チョンヨンは馬鹿でもないのだからプレーできるなら
明らかに英国に残っていただろう
ゴールを決めても特に変化がなくて厳しいから韓国に来たのだ
おそらく冬の移籍市場でチームを移す可能性が高いと見れば良い



┗だが最後のイ・チョンヨンの父親のインタビューを見ると
 そうじゃなさそう;;


┗これが正解だ
 久しぶりに100%共感する



サッカー選手が試合をサボって何をするのか?
そうでなくてもチーム内の立場が不安で勝負どころなのに
何が重要かが分かってないんだね



親不孝者の星を持って生まれたチョンヨンジュニア



ボクシングデーの出場がどうとか書いてた記者はみんな頭をどつけ



君はもう永遠にベンチ(笑)
韓国に来たついでに自然とKリーグに放出されそう(笑)



もう先発は駄目だろうね



・・・戦力外選手
・・・ということを上手く物語ってる傍証記事
君は終わりだもう
エヒュ・・



パク・チソン、パク・チュホ、イ・チョンヨン、キ・ソンヨンの娘が同い年だ



外国選手はプロ意識が強い
周囲の人が亡くなっても試合は必ずプレーする
いったい君は何をやってる奴なのか



ボクシングデーで出場の確率が高い時期なのに帰ってくるなんて?
むしろそのままKリーグでプレーしろ;



最後のチャンスをこうやって潰してTT



家族が世の中で一番重要だ
だが今は韓国でこうしてる場合じゃないという考えになる一人・・
やっと掴んだチャンスを・・・・



パーデューの立場では快哉を叫んだかも・・・・・・・・・・・・・



おめでたいことだがチームにとってはボクシングデーで
選手が休暇に行ったのはすごくダメージが大きいだろう



スーパーマンが帰ってきた
イ・ドングの後任で



帰国?引退したのか?
呆れた(笑)



うーん
ボクシングデーに送った事自体がイ・チョンヨンを
大切に思ってないんじゃないか?



イ・チョンヨンは欲を持って試合に臨まなければならない



ボーンマス、ニューカッスルはイ・チョンヨンを獲得しろ・・・



娘が生まれたのだからちょっとお祝いしよう
放出されようとされまいとEPLレベルの選手だからご心配なく




ボルトン時代が懐かしい
主軸だったあの頃・・・



もうイ・チョンヨンは応援しない



今度はチャンスだったのに家族を選んだね
もちろん気持ちは理解できる



どういう反応をするべきか・・・
微妙だファンとして




ふふふふふふふ
チャンスを脚で蹴飛ばした



ヨーロッパの選手は妻が出産したらワールドカップに
出場しなくてもおかしくないのに・・・
確かに韓国的な考え方ではおかしいようだ



子供が両親の前途を阻んでる感じだね

子どもがひきこもりになりかけたら マンガでわかる 今からでも遅くない 親としてできること (メディアファクトリーのコミックエッセイ)子どもがひきこもりになりかけたら マンガでわかる 今からでも遅くない 親としてできること (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
上大岡 トメ

KADOKAWA
売り上げランキング : 817

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...