[サッカー] チョン・ソンニョン、Jリーグ川崎行き迫る・・・ところで年俸は?
ニュース1




※一部要約

水原三星の看板守護神チョン・ソンニョンのJリーグ行きが迫っている。
行き先は川崎フロンターレである。
KリーグGKに対するJリーグ側の関心が高まっている中、川崎とチョン・ソンニョンが最初のテープを切るものとみられる。

川崎はすでにシーズン末からチョン・ソンニョンへの関心を見せてきた。
移籍のニュースに精通しているある関係者は21日午後、「事実上移籍に合意した。すでに選手の間では公然の秘密。発表の段階だけが残った」と紹介した。

すでに11月末からチョン・ソンニョンの川崎行きの真剣な記事が出ていた。
当時の内容の程度を考慮すればもっと早くオープンになるべきだったが、約一ヶ月が経ったのに公式の立場が公表されずにいる。
それだけ"調整"に難航したという傍証である。


スポンサーリンク
楽天





この関係者は「川崎が提示した年俸が思ったより低かった」として、「川崎はチョン・ソンニョンに50万ドルを提案した」という話を伝えた。
川崎が公然と明かしている金額であると付け加えた。
6億ウォンに満たない金額である。
それ自体が少ないわけではないが、チョン・ソンニョンのネームバリュー、何よりKリーグで彼が受けていた年俸と比べれば満足できない水準だ。

チョン・ソンニョンが過去、城南時代にKリーグ年俸キングになったのは公然の秘密だった。
推定値は15億ウォンという話も出回った。
当時と比べたら年俸はかなり減ったが、「それでも8億ウォン以上は貰っている」というのが関係者らの言葉である。
いくら川崎から他のオプションを付けられたとしても、ひとまず50万ドル自体はチョン・ソンニョンにとって残念な水準だ。

また、別の関係者は「現在Jリーグが韓国人GKを多く探しているのは合っている。だが年俸は外部が思っているほど高くはない。Kリーグで貰っているより無条件にものすごい高い金額で連れて行くと感じているならば誤算」として、「チョン・ソンニョンの身代金が50万ドルに策定されたとするなら、Jリーグが欲しがっているKリーグの他のGKの水準もその基準と大きく違わない」という見解を明かした。

チョン・ソンニョンもやはり50万ドルは満足する水準ではないが、他の代案が適当ではないというのが障害になったものと思われる。

その関係者は「それだけKリーグの市場が凍りついている。水原がチョン・ソンニョンの年俸に合わせるのは難しい。かといって他のクラブがチョン・ソンニョンという大きな選手を買うのも難しい。全北くらいでなければその金を払うことはできない」として、「Kリーグにはこれといった方法がないので、思っていたより高い年俸ではなくても、Jリーグ進出を図っている」と今の状況を説明した。


【関連記事】
韓国ネチズン「連れて行け」…川崎フロンターレが水原GKチョン・ソンニョン獲得を検討
韓国メディア「川崎フロンターレ関係者とチョン・ソンニョンが会い、移籍について事実上の合意を終えた」
韓国メディア「太極戦士GKチョン・ソンニョンとキム・スンギュの日本ラッシュ、Kリーグの興行にも影響を与える」

給料以外でお金を生みだす あなたの知らない稼ぎネタ給料以外でお金を生みだす あなたの知らない稼ぎネタ
木村 ナオキ,小玉 歩

KADOKAWA/角川学芸出版
売り上げランキング : 84881

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...