"代表GK"チョン・ソンニョンとキム・スンギュ、Jリーグ進出秒読み
スポーツ京郷




※一部要約

水原三星のソ・ジョンウォン監督は29日、全北現代とのシーズン最終戦の前に「もうシーズンが終わるので、FAとなるチョン・ソンニョンとクラブが会う予定だ」としつつも、「(身代金で)難しい状況であれば仕方のない状況になることもある」と語った。
チョン・ソンニョンは川崎フロンターレから"ラブコール"を受け、移籍説の中心に立っている。
川崎のクラブ関係者がすでに先週、国内に入って具体的な金額を提示して交渉を進めたことが分かった。
最近、財政状況が良くない水原にとって、巨額のラブコールを受けたチョン・ソンニョンを捕まえておくのは簡単ではないというのがサッカー界の見解である。

代表チームの事実上の主戦守護神であるキム・スンギュもやはりJリーグ進出の意志が強い。
ヴィッセル神戸がキム・スンギュを獲得するために、少なくない移籍金を蔚山に提示している状態だ。
キム・スンギュとの契約が1年残っている蔚山は、海外進出を認めるかどうか悩みを繰り返している。
キム・スンギュの意思を尊重するが、国内最高レベルである彼の空白を防ぐのは容易ではないからだ。

蔚山の関係者は「キム・スンギュの移籍金で彼に次ぐ選手を引き抜かなければならない」として、「もし移籍金でどの選手も引き抜けなけない状況になれば、今回の移籍はチームにとって何の役にも立たない」と語った。

Jリーグは最近確実な大型GKがいない状況で、最近"身代金を減らすこと"に出たKリーグの検証されたGKに視線を向けて、物量攻勢に乗り出している。


スポンサーリンク
楽天





チョン・ソンニョン、キム・スンギュ・・・太極戦士GKの"日本ラッシュ"
聯合ニュース




※一部要約

シュティーリケ号の裏門の責任を担っている太極戦士GKのキム・スンギュとチョン・ソンニョンが並んでJリーグ進出を打診している。
文字通りKリーグの看板GKの"日本ラッシュ"だ。

キム・スンギュの所属チームの蔚山現代の関係者は28日、「選手の海外進出への意思が強い」として、「ただしキム・スンギュの代わりのGK資源のため、クラブも苦しい。とりあえず選手には肯定的に検討するという話をした」と明かした。

ヴィッセル神戸は最近、蔚山にキム・スンギュのエージェントを通じて獲得の意思を明かす公文書を送ってきた。
単純に獲得の意思を明かしたのではなく、具体的な移籍金まで含まれていることが分かった。

"代表主戦GK"キム・スンギュの代わりとなる資源を引き抜くのは容易ではない。
GKのポジションは規定上、外国人選手を連れてくることができない。

蔚山の関係者は「海外進出に対する選手の熱望は強いが、チームもむやみに移籍を容認することはできない。基礎軍事訓練が終わったら選手と直接年俸交渉をしてみる予定」と語った。

チョン・ソンニョンは今年の末に自由契約身分になり、移籍金なしで海外進出が可能だ。

水原はとりあえずチョン・ソンニョンと再契約のため協議に入るという立場だが、チョン・ソンニョンもやはりキム・スンギュと同様に海外進出を強く望んでいて、再契約は難しいと予想される。

JリーグクラブがこうしてKリーグの看板級GKを獲得しようとしているのは、アジアクォーターで活用できるだけでなく、すでにKリーグと代表チームで実力が検証されているからだ。

Kリーグ関係者は「国内サッカー市場が萎縮している状況で、高い年俸を保障する海外チームのオファーを拒否するのは難しい」として、「チョン・ソンニョンやキム・スンギュのようなスター級選手が抜けることになれば、Kリーグの興行にも影響を与えるだろう」と心配した。


【関連記事】
韓国人記者「キム・スンギュのヴィッセル移籍説は関心程度で公式オファーはない」「キム・スンギュの考えはどうだろうか」
韓国ネチズン「連れて行け」…川崎フロンターレが水原GKチョン・ソンニョン獲得を検討
韓国メディア「川崎フロンターレ関係者とチョン・ソンニョンが会い、移籍について事実上の合意を終えた」
韓国ネチズン反応…Kリーグ関係者「キム・スンギュはヴィッセル神戸に入団する、双方が細部事項を調整中」

世界最強のゴールキーパー論: GK王国イタリアの技術・戦術・哲学世界最強のゴールキーパー論: GK王国イタリアの技術・戦術・哲学
斉藤健仁

出版芸術社
売り上げランキング : 272166

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...