韓国プロサッカー連盟「審判の金品授受、頭を下げて謝罪」
スターニュース




※一部要約

韓国プロサッカー連盟が、最近Kリーグで膨らんでいる審判の金品授受に関して「理由の如何を問わず頭を下げて謝罪する」と明かした。

連盟は20日、報道資料で「19日に前・現職プロ審判2人がクラブから金品を授受したという疑惑で拘束されたことに関して、理由の如何を問わず絶対にあってはならないことであるとみて、国民の皆様に頭を下げて謝罪申し上げる」と発表した。

続けて連盟は「一部の審判の間違った行動を予防できず、サッカーを愛するファンと国民の皆様、そしてサッカー界の構成員に大きな失望感を抱かせてしまった。深く反省し、心から申し訳ない。現在進行中の検察の捜査について、連盟は一寸の疑惑も生じないように積極的に協力している。審判に関する芳しくないことが膨らみ、サッカーを愛する多くの国民の皆様に心配をかけた点を、もう一度申し訳なく思う」と繰り返し明かした。

最後に連盟は「検察の捜査の結果、疑惑が確認された当該の審判と当該のクラブについては、できるだけ早期に連盟賞罰委員会を開いて断固たる措置をとる。審判の公正性を傷つけるすべての事案について、非寛容の原則に則って厳格に対処するだろう。今回のことを審判の判定の公正性と信頼性を固める絶体絶命の機会にして、Kリーグと大韓民国サッカーを応援するすべての人の期待に反しないように最善を尽くす」と付け加えた。


スポンサーリンク
楽天





プロサッカー審判"支援金"システム不在も原因
京郷新聞




※一部要約

プロサッカー審判が特定クラブに有利な判定をする対価として金品を授受した容疑で拘束され、サッカー界が衝撃を受けた。
彼らの容疑が確定したわけではないが、サッカー界は良心を破った審判に虚しい心情を隠せずにいる。

釜山地検は外国人選手の契約金を横領した容疑で拘束起訴されたアン・ジョンボク前慶南FC社長から有利な判定をしてほしいという要請とともに数千万ウォンを受けた容疑(国民体育振興法違反)で、プロサッカー審判ア氏(39)とイ氏(36)を拘束した。

サッカー界は今回の事件の原因は"お金"だけではないと見ている。
連盟は今年、1部リーグに配分された審判に1試合当たり200万ウォン(主審基準・副審110万ウォン・待機審50万ウォン)の手当を支給している。
ヨーロッパ(ドイツ470万ウォン・イタリア470万ウォン・フランス320万ウォン・スペイン450万ウォン)と比較すると半分の水準だが、日本(112万ウォン)よりは二倍近く多い。
一部の主審は一ヶ月に5試合前後して、1億ウォン近い年俸を受けていることが分かった。

連盟関係者は「数千万ウォンのために審判が良心を売ったとことが虚しい状況」と語った。

匿名を求めた審判出身の関係者は、特定クラブと癒着した一部の審判が"慣行"という美名の下で間違った行動を犯したと分析した。
拘束されたア氏とイ氏は検察の調査に「地域サッカー人に対する後援だと感じた」と語っていることが分かった。

連盟は特定クラブと一部の審判の癒着を防ぐためコンピュータ配分を導入したが、審判プール自体が47人(主審22人+副審25人)なので、癒着を完全に防ぐことはできない。
韓国のように1・2部体制でリーグを運営している日本は審判プールが113人で、韓国の2倍を越える。
今回検察の召喚調査を受けた審判ウ氏も、去年特定クラブの関係者と会った事実が摘発されてシーズン途中に更迭された。

だが今回の事件を単なる審判個人の問題ではなく、運営システムの不備のせいだと見るべきだという話も多い。
韓国サッカーが大韓サッカー協会審判委員と連盟審判委員会に二分化して運営されて生まれる不協和音が重大な原因というのだ。

協会と連盟が審判の情報を共有しないのも問題である。
例えば金品授受の事実が摘発されて協会の懲戒を受けた審判についての情報が、連盟には渡らないということだ。
実例として、連盟は2010年の延・高戦で高麗大の監督に買収された審判について把握できなかった。
当該の審判はすべて永久除名と無期限資格停止、5年の資格停止などを受けた。
協会関係者は「結局はシステムの問題と見るべきだ」として、「一日も早く審判運営を一元化し、長期的には審判協会を別に分離させて運営してこそ、こういうことが再び起きなくなるだろう」と語った。


【関連記事】
韓国ネチズン「Kリーグの盧武鉉」…横領疑惑の慶南FC前社長が漢江に身投げするも救助される

[アディダス] adidas レフェリーバッグ KQ833 E37524 (ブラック/ホワイト)[アディダス] adidas レフェリーバッグ KQ833 E37524 (ブラック/ホワイト)


adidas

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...