安山警察庁、"2015韓中日サッカー産業フォーラム"成功開催
東亜ドットコム




※一部要約

安山警察庁プロサッカー団が18日午後に安山大学校の国際ホールで開催した"2015韓中日サッカー産業フォーラム"は、約200人が参加した中で盛況にうちに行われた。

"2015韓中日サッカー産業フォーラム"では▲Jリーグの未来の発展方向、▲Jリーグ市民クラブの成功戦略、▲中国サッカーの現在と未来、▲Kリーグ市民クラブが生き残る方法の主題で、韓中日サッカーの現状が紹介された。

一方、チェ・ジョンギル安山市長は「20155韓中日サッカー産業フォーラムが3国のサッカー産業の協力と共生発展のための方向が提示され、政策が樹立される意義深い時間になることを祈る。同時に安山市もこのフォーラムを通じて、名品スポーツ都市として発展できる良い教訓を得られるものと考えている」として、今回のフォーラムに意味を付与した。


スポンサーリンク
楽天





[Kリーグフォーカス] 市民クラブ発展のために韓・中・日が一つに団結する
スポータルコリア




※一部要約

#スター選手がいないならチーム全体が愛されるように

海野会長が提案中に言った言葉だ。
甲府はJリーグが追い求める価値観に最も合致していると評価されるクラブである。
彼らは過去に振るわない経営と成績でチーム解体危機まで経験したが、今は市民クラブであっても赤字なしで運営されている素晴らしい企業に成長した。

甲府は倒れているチームを再建するために、多様な努力を繰り広げた。
その努力は"地域社会とともに"という概念をベースに進められた。

彼らは経費削減のために地元企業と商店から協賛を受け、多様な地域貢献活動によってファンと近くなるために努力した。
そしてファンを確保するために多様なイベントを開催し、ユニフォーム、担架、ベンチなど、競技場のあちこちにスポンサーを誘致して収益を創出した。
それだけでなく、競技場の運営スタッフを地元のスポーツ界と協力して無償奉仕に変えて経費を削減した。
運営スタッフに参加した人たちには無料入場を提示し、合理的な代案点を見つけ出した。

その後甲府はスター選手がいなくても、選手団全体が地元民から愛を受け、安定した上昇の勢いを見せる奇跡を編み出した。




"Jリーグ100年構想"乳腺に生まれ変わった"総合型スポーツクラブ"
スポーツソウル




※一部要約

村井満Jリーグ連盟会長は18日に行われた2015韓・中・日サッカー産業フォーラムに発表者として出て、「Jリーグは100年後にスポーツで幸せな国を作るのが究極的な目標」と語った。
村井会長は「2年前(会長職に)就任したとき、Jリーグは平均観客はもちろん、クラブの収益減少で停滞に陥っていた。そのとき考えたのが、リーグ内のクラブの繊細なマーケティング技法を活用した、総合型スポーツクラブへ生まれ変わることだった」として、「地域に運動場を多く作り、豊かなスポーツ文化が定着することに注力した」と明かした。
サッカーに関心がなかった人々も、バスケットボールやバレーボールなど、多様な種目を生活体育で接してクラブに関心を持ち始めた。
自然と地域民との交流が活発になり、クラブの所属選手は年間100回に達する社会貢献活動をして交流したという。
J1とJ2のクラブが一年に地域貢献活動をする回数は4000回に達するという。
彼は「社長、監督、選手のすべてが地域内の療養院奉仕、農作業体験で距離を縮めた」として、「日本の男子小学生が将来夢見る職業の1位に、サッカー選手は5年連続で選ばれた。すべてのことは総合型スポーツクラブが原動力である。マーケティング成功の道につながった」と強調した。

北ヨーロッパで発展した総合型スポーツクラブは健康管理と社交場であり、プロ選手の運動スペースである。
社会の統合と青少年教育政策の手段と認識されている。
最近になって湘南ベルマーレなど、多くのクラブが地方自治体と連携した総合型スポーツクラブの運営で縁故文化を定着させている。
当初はKリーグでも、経営難で苦しむの市道民球団の危機を打破する代案として議論されたのが、総合型スポーツクラブである。
しかも大韓体育会と国民生活体育会統合の議論が出てきて加速した。
だが地域内の軋轢はもちろん、種目別の公平性論難に繋がるかもしれないという点が指摘されている。
これに関して村井会長は「封建制の影響が日本人の特性として残っていて、地方自治体の交流の成功要因でもある」として、「こうした総合型スポーツクラブ形態のクラブがさらに増えてこそ、リーグの安定性が図られるだろう」と語った。
また、村井会長は各クラブに企業名を外すようにしたのと、3年連続で赤字になったときクラブライセンスを剥奪する懲戒によって、財政の健全性を誘導したと強調した。


【関連記事】
韓国メディア「韓中日サッカー産業フォーラムで東アジア3大リーグが違いを通じて発展を模索」

J LEAGUE SOCCER KING(Jリーグサッカーキング) 2016年 01 月号 [雑誌]J LEAGUE SOCCER KING(Jリーグサッカーキング) 2016年 01 月号 [雑誌]


朝日新聞出版 2015-11-24

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...