不平の多い日本サッカー代表チーム監督・・・「君のせいじゃないか」と不信論メラメラ
国民日報




※一部要約

ハリルホジッチ日本代表監督が不平を並べた。
カンボジアに2ゴール差で勝利したアジア2次予選の遠征試合を終えてからだ。

「逆襲だけに注力する戦術はアジアのレベルを低くさせる要因」と大陸全体をひっくるめて非難したかと思えば、「私たちの選手の一部に腹が立つ」と弟子を恨んだ。
日本サッカーファンの反応は冷たかった。

18日、日本サッカーメディア"サッカーマガジン・ゾーンウェブ"によると、ハリルホジッチは17日にカンボジアで行われたアジア2次予選E組6次戦の遠征試合を2対0の勝利で終えたあと苦言を吐き出した。

最初はカンボジアを褒め称えた。
ハリルホジッチは「真実を言う。カンボジアは素晴らしくよく戦うチームだ。守備と逆襲を展開するチーム」と語った。

不平はその次から炸裂した。
彼は「だがアジアの監督に言いたいことがある。常にこういう試合をしていると実力を積むことはできない。チームを発展させたければ、勇気を持って前進して攻撃しなさい」と助言した。
続けて「アジアはそれで低いレベルに留まっていると思う」と付け加えた。

失点はなかったが2得点に留まった理由は、カンボジアがゴール前を守って固めた戦術のためだと判断した発言とみられる。
日本はカンボジア、シリア、シンガポール、アフガニスタンとのE組で5勝1分けで1位である。
17得点無失点を記録している。


スポンサーリンク
楽天





だが3ゴール差を越えた勝利は一回だけだった。
アフガニスタンに6対0で勝った。
シンガポールとは一度、無得点で引き分けた。
日本は1試合あたり平均3ゴール以下を記録している。
ハリルホジッチ監督が不平を炸裂させた理由だ。

ハリルホジッチ監督は直接指揮している日本選手も叱責した。
彼は「結果に満足できない。一部の選手の競技力は腹が立つ状況だった」と悔しさを炸裂させた。
荒っぽい声が記者会見場で続いた。

日本サッカーファンの反応は冷たかった。
2015オーストラリアアジアカップの8強脱落で衝撃を受け、反騰の期待感を抱いてハリルホジッチ監督を新任指令塔に立てたが、日本の下落傾向はなかなか折れていない。





ワールドカップ2次予選G組でラオスを8対0で撃破するなど、6戦全勝を疾走して23得点無失点を記録している韓国のシュティーリケ監督と対照的なハリルホジッチ監督の姿も、日本サッカーファンの心を不便にさせた。

日本サッカーファンは「選手1、2人の問題なら戦力を交代すれば良いが、チーム全体が問題なら監督自身の問題と考える必要がある」「アジアのレベルが低いのは事実だが、日本が言うことではない」「隣国(韓国)の監督を見習うことを願う。隣国と監督を交えても良い」と言った。


【関連記事】
【W杯予選】韓国ネチズン「韓日戦を避ける理由が分かった」…日本がカンボジアに2-0の辛勝
韓国メディア「韓国がラオスに5対0の楽勝、日本サッカーファンの反応を見る?『やはり韓国が最強』」

サッカー日本代表を鍛えた監督力サッカー日本代表を鍛えた監督力
児玉光雄

イースト・プレス
売り上げランキング : 635890

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...