アン・ジョンファン、母親の借金問題で億台の訴訟に巻き込まれる・・・一体何ごと?
京仁日報




※一部要約

サッカー解説者のアン・ジョンファンが、母親の借金問題で訴訟に巻き込まれた事実が一歩遅れて知らされた。

13日、裁判所によるとアン・ジョンファンは去年12月、A氏から「1億3540万ウォンを返すという覚書の内容を守りなさい」という覚書金請求訴訟をされた。

A氏は1996~1998年、アン氏の母親B氏に約9000万ウォンを貸した。
B氏は利子3000万ウォンほどを加え、1億3540万ウォンを2000年3月までに返すと約束していた。

B氏が約束を守らないので、A氏は2001年9月にソウル北部地方裁判所に、B氏を相手に約定したお金を返して欲しいという訴訟を起こして翌年6月に勝訴した。


スポンサーリンク
楽天





アン・ジョンファン、「母親の借金1億3500万ウォン返せ」訴訟に巻き込まれる
マネートゥデイ




※一部要約

アン氏の母親はA氏に1996年2月から1998年3月までに借りた9930万ウォンと、利子3610万ウォンの計1億3540万ウォンを2000年3月までに返すことにしていた。
だがアン氏の母親は約束を守らず、A氏は2001年に訴訟を起こして勝訴していた。

その後もアン氏の母親は利子の1000万ウォンだけしか返さず、残りのお金を返さなかったので、A氏は再び訴訟を起こして去年10月に勝訴した。

その過程で、A氏はアン氏がKリーグ所属クラブの釜山アイパークで活動していた2008年に練習場を訪れ、覚書を受け取っていたことが分かった。




アン・ジョンファン、母親の過去の借金のせいで億台の訴訟に巻き込まれる
ヘラルド経済




※一部要約

覚書の内容は正確には知られていないが、A氏が一定の条件を満たせば、アン氏が母親の借金を代わりに返すことができるという内容が入れられていると伝えられた。

ソウル北部地方裁判所民事13部はこの日、3次弁論期日を開いて原告のA氏側から関連証拠を提出させた。
アン氏は法的に出てこなかった。

A氏側はアン氏がA氏に覚書を書いた当時、一緒にいたというアン氏の母方の叔父を証人として申し込んだ。
裁判所はこれを受け入れ、次の期日に証人尋問することにした。

次の裁判は来年1月13日に開かれる。


カネが泣いている(1) (モーニングコミックス)カネが泣いている(1) (モーニングコミックス)
国友やすゆき

講談社
売り上げランキング : 147724

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...