KリーグGMアカデミー5回目、Jリーグをベンチマーキング
東亜ドットコム




※一部要約

韓国プロサッカー連盟は10日から12日まで、日本・京都(※東京の間違い)近隣地域のJリーグ4クラブとJリーグ公式データ分析システムをベンチマーキングする"KリーグGMアカデミー"を開催すると明かした。

KリーグクラシックとKリーグチャレンジ各クラブの事務局長および主任級チーム長の計22人が参加する今回の"KリーグGMアカデミー"の5回目の教育では、日本Jリーグを訪れてクラブマーケティングの事例と選手評価システムをベンチマーキングする。

"KリーグGMアカデミー"は2泊3日の日程の間、Jリーグの4クラブ▲鹿島アントラーズ(スタジアムビジネス)、▲大宮アルディージャ(地元商工人と中小企業のスポンサーシップ締結案)、▲川崎フロンターレ(シーズンチケット販売戦略とコンテンツ強化戦略)、▲ジェフユ​​ナイテッド(ホームタウン活動戦略)を訪ねて現場適用方案を模索し、Jリーグの公式データ分析会社を訪ねてJリーグのデータ生成および活用方案やデータ基盤の選手評価管理について学ぶ計画である。

"KリーグGMアカデミー"はKリーグの23クラブの事務局長と主任級チーム長を対象にした教育課程で、各クラブの実務を導いているフロントの能力強化のために開設された。


スポンサーリンク
楽天





Jリーグ連盟会長、韓・中・日サッカー産業フォーラムのため安山を訪れる
ベストイレブン




※一部要約

村井満日本Jリーグ連盟会長が安山を訪れる。
安山市と安山警察庁プロサッカー団が主催および主管する2015韓・中・日サッカー産業フォーラムで講演するためである。

安山市と安山警察庁は18日午後1時から6時まで、新安山大学国際ホールで韓国・中国・日本ら3ヶ国がともにするサッカー産業フォーラムを開催する。
アジアを代表する3ヶ国がそれぞれ、プロサッカーの市民クラブの現状を共有し、それを基に各国リーグの実情に合った発展方式を公開的に模索するということに意味がある。

今回のフォーラムでは、計4つのテーマの講義とDaumスポーツで放送されるハン・ジュンヒとチャン・ジヒョンのワン・ツーパンチの現場録画がプログラムに含まれている。
その中の最初の講義が村井会長の進めるJリーグの現状と未来である。

村井会長は1993年5月にスタートした日本Jリーグの昨日と今日、そして今後目標にする未来について語る。
その中にはJリーグが前面に出している百年構想についての内容も含まれている。
村井会長はJリーグ百年構想を通じて、聴衆に日本プロサッカーをより仔細に伝えるという考えである。

同時にJリーグが掲げた2015年の5大課題も確認することができる。
今年のJリーグは、継続的な成長を夢見て①世界の潮流についての認識②世界レベルのデジタル投資③世界レベルの選手育成④グローバルな人材育成⑤世界基準の競技場(サッカー専用球場)新設を目標にしている。
今回のサッカー産業フォーラムを訪れる人は、Jリーグの5大課題についての詳細な内容と進捗状況を伺うことができる。


【関連記事】
韓国メディア「韓中日サッカー産業フォーラムで東アジア3大リーグが違いを通じて発展を模索」

サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れかサッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか
クリス・アンダーゼン,デイビッド・サリー,児島 修

辰巳出版
売り上げランキング : 27416

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...