パルサは韓、レアルは中?・・・「18歳リン・リャンミン、1軍も注目」
MKスポーツ




※一部要約

バルセロナユースのスターイ・スンウとペク・スンホの1軍進出の可能性が言及されれば、韓国だけでなく世界が注目する。
こうした潜在力の大きなアジア市場を攻略するため、バルセロナのライバルチームのレアル・マドリードも秘密兵器を準備中だ。
だが残念なことにその武器は韓国産ではない。

ザ・パレスホテル・ソウルで5日行われた"YKKアジアグループ子供サッカークリニック記者懇談会"に参加したルイス・フェルナンデスレアル・マドリード財団アジア太平洋地域事務所理事は、「18歳以下のチーム(フニベルA)に中国人の有望株がいる。成人1軍でも注目している選手」と言った。

フェルナンデス理事が指した彼は、中国20歳以下代表チームのFWリン・リャンミンだ。
世界最上級の育成プログラムを自負するレアルが、中国1部リーグの広州富力2軍選手に移籍金22万ユーロ(2億7261万ウォン)を投資してでも連れてきたことから尋常ではない。


スポンサーリンク
楽天





リン・リャンミンは10代後半で公式身長が180センチに達する身体条件も印象的だ。
レアルのフニベルAでは左ウィングをメインポジションとして、下がり目のFWと左MFを消化させてリン・リャンミンを育成している。
レアル1軍の大スタークリスティアーノ・ロナウドと似ている役割である。

ポジションだけが似ているのではない。
リン・リャンミンはスペイン18歳以下1部リーグの2015-16シーズンで4試合4ゴールを記録中だ。
中国20歳以下代表チームでも3試合2ゴールで、得点ペースが良い。
サイドの資源でも多くの得点ができるロナウドの特性まで似ている。





バロセロナはヨーロッパの強豪が欲しがっているイ・スンウを守るため、契約期間を2019年6月30日まで増やした。
レアルとリン・リャンミンの現契約期間は2020年6月30日までである。
期待値がかなりのものであると察することができる。

ペク・スンホ、イ・スンウ、リン・リャンミンなどアジアから渡って行ったエル・クラシコの有望株は全員、プロデビュー前の10代だ。
一寸先を見通せないので未来は簡単に"予断"できないが、彼らがアジアを代表してエル・クラシコで駆ける日を期待することはできる。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…レアルユースの中国人選手、2試合連続マルチゴールでスペインメディアから注目

エル・クラシコ ---マドリーとバルサ、選ばれし者たちの華麗なる激闘エル・クラシコ ---マドリーとバルサ、選ばれし者たちの華麗なる激闘
小宮 良之

河出書房新社
売り上げランキング : 624165

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...