ゴールの喜び止まらない! マイク・ディーン主審が再びトッテナムのゴールに歓喜
theWORLD(ザ・ワールド)

プレミアリーグの審判であるマイク・ディーンが再びやってしまった。

英紙『デイリー・メール』によると、ディーンは2日のトッテナム対アストン・ヴィラの一戦で、トッテナム側の先制ゴールを喜んでいたという。ディーンはかねてよりトッテナムのファンではないかと言われており、これまでも主審を務めながらトッテナムのプレイに一喜一憂するシーンが捉えられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151104-00010012-theworld-socc




[SS映像] 英メディア、EPL主審"マイク・ディーン"のセレモニー論難に照明「またやったのか?」
スポーツソウル




※一部要約

マイクはムサがアストン・ヴィラのゴールネットを揺さぶると、すぐに得点を認めるホイッスルを鳴らした後、歓呼する行動によって目を引いた。

特に以前もこのような前歴があった主審だったので、英国のオンライン上では論難となった。
これに対して英国ネチズンは「マイク・ディーン主審はムサ・デンベレの最初のゴールに賭けていた」と嘲笑するなど、彼の行動を問題にした。

https://youtu.be/StRVqK7xgw4


スポンサーリンク
楽天




アーセナルの勝率が低い理由があった
マイク・ディーンがトッテナムを好きだったとは
ふふふ




トトをしたのか?
ふふふふ



アドバンテージの宣告をしているみたいだが;
あんなに遠慮なく歓呼するはずない



┗アドバンテージの同社は両腕を並べて
 地面に向けなければならない



トッテナムの選手かと
ふふ



配当の高い方に賭けたようだ・・






[映像] アイブのパスミスに"メガネ"を勧める愉快なクロップ
スポータルコリア




※一部要約

クロップの愉快な性格を再び覗くことのできるシーンだった。
彼は競技場の内外で快活や姿を頻繁に演出し、ファンの愛をたっぷりと受けている。
どっしりとしたリーダーシップよりは、選手に親和的な態度を維持することで評判だ。






ふふ
やはりクロップはチームの雰囲気を作り出せる
これだから選手が信頼するのだろう




ふふふふふふふふふふふふふふふふ



15位の某監督とは違うようだ
ユーモアがあるね



やはり・・・
モウリーニョとは違う



┗まったく関連性のないことで貶してる・・・



本当にこんな監督がいればチームの雰囲気は壊れないようだ
どこかの降格チームの監督とは違う



本当に愉快痛快爽快なクロップ



ところでこれはアイブの立場では鳥肌が立ったようだ
ふふふふ



モウリーニョがこんな行動をしたら皮肉だと罵られるだろう



ふふふふ
本当にすごいクロップ・・・
真のリーダー






[映像] "3部レンタル"ジョー・コール、フリーキックで初ゴール炸裂
スポータルコリア




※一部要約

定期的な出場のためイングランド3部リーグ所属のコベントリー・シティに移籍したジョー・コールが、ついに初ゴールを記録した。
スッキリしたFKで相手のゴールネットを揺さぶった。

バーンズリーとのリーグ戦で、後半15分にゴールポストから20メートルほど離れた地点で得たFKのチャンスで、無駄のないシュートにより初ゴールを記録した。

コベントリーでの初ゴールを記録したジョー・コールは「気分が良い。過去にデイビッド・ベッカム、スティーブン・ジェラード、フランク・ランパードなど素晴らしいフリーキッカーと一緒にプレーしていて、私が蹴る機会はなかった。だが今回は自信があって私が蹴ると言ったし、ゴールを記録した」と喜びをあらわした。






クラスは永遠だ
こんなマインドが本物のサッカー選手である・・
ドイツワールドカップの禿鷲シュートは未だに忘れられない




ジョー・コールよ栄えろ・・・・



ファブレガスよりFKが良い



好きだった選手である
惜しい



コベントリー・シティが3部にまで落ちたことに驚く・・
キーンが大活躍したプレミアデビューチームで
モロッコのマラドーナ・ムスタファもいた




いつの間にかジョー・コールが3部にいる時代・・・
メッシ・ロナウドが引退する時代も来るだろう



ヨーロッパで歴代級の有望株だった・・
ちょっと;;;



おそらく当時マルダを獲得して主戦競争からかなり押されてからである
もちろん負傷もあるが




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...