交錯した韓日ブンデスリーガーの悲喜
スポーツ京郷




※一部要約

ドイツプロサッカーで韓日サッカー選手の悲喜が交錯した。
韓国人選手が大挙活動しているアウクスブルクは、日本の香川真司がプレーするドルトムントに4点差の敗北を喫したのだ。
香川はアシストを2つ記録し、より一層際立って見えた。

アウクスブルクは26日、ブンデスリーガ10ラウンドのドルトムントとの遠征試合に1-5で完敗した。

この日、アウクスブルクは代表MFク・ジャチョルが先発で出場してフルタイムを走り、ゴールゲッターのチ・ドンウォンは後半30分に交代投入されたが、チームの勝利を導けなかった。
ドルトムントにはパク・チュホがプレーしていて"コリアンダービー"も注目されたが、結局出場できずにク・ジャチョルと香川の"韓日ダービー"に固まった。
残念ながら結果は失望だった。


スポンサーリンク
楽天





独メディア"偉大なロイス-香川のショー"・・・チ・ク特攻隊と交錯した評価
スポーツソウル




※一部要約

チ・ドンウォンとク・ジャチョルの"チ-ク特攻隊(※チグ=地球)"が出場したアウクスブルクを押し倒したドルトムントの日本人攻撃手香川真司が、両チーム合わせて最高評点の1を受けた。
ドイツ"ビルト"は、ブンデスリーガ10ラウンドでドルトムントがアウクスブルクに5-1で大勝した後、ハットトリックを記録したオーバメヤンと香川に最高評点の1をつけた。

香川はこの日ゴールはなかったが、11.52キロを走って両チームの出場選手の中で最も多い運動量を見せた。
アシスト2つを含めて4ゴールに寄与するプレーで拍手を受けた。
"ビルト"は"偉大なロイスと香川のショー"というタイトルの記事で、2人の活躍を賞賛した。
ドイツ日刊紙"ウエストドイチェ・アルゲマイネ"は香川のプレーについて、"優れた技量でグラウンドのどこにも顔を出した"と称えた。




"復活"香川、ドルトムント上昇の勢いに隠されたエンジン
インターフットボール




※一部要約

香川真司がチームの上昇の勢いを導いている。

今回の対戦で香川は2アシストを追加し、今シーズン5つのアシストを記録している。
ラファエルとともにアシスト順位で共同2位に名前を上げている。
この前のガバラ戦でもアシストを記録した。

今シーズンの香川は12試合に出場し、2ゴール6アシストを記録中だ。
オーバメヤンが得点の責任を担っているならば、香川は試合の雰囲気の責任を担っている。

香川は2012年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍してイングランドの舞台を踏んだ。
だが不振な姿でワーストメンバーにも含まれ、屈辱を味わった。

結局香川は2014年にドルトムントに復帰した。
再び戻った香川は、イングランドでの失敗を乗り越えてさらに成長した。
そして今シーズンはリーグ10試合2ゴール5アシストで、ドルトムントの攻撃のエンジンとして活躍している。

香川はドイツが合っていた。
また、ドルトムントが合っていた。
果たして香川は今シーズン、どんな姿を見せるのか注目される。


【関連記事】
韓国ネチズン「香川はイニエスタの後継者」…ドルトムントがアウクスに5発大勝!香川3A・オーバ3G

香川真司 2016カレンダー 壁掛け A2香川真司 2016カレンダー 壁掛け A2


エンスカイ 2015-11-02
売り上げランキング : 3194

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...