"FIFA大統領選挙挑戦霧散"チョン・モンジュン、「最後の勝利まで努力する」
OSEN




※一部要約

FIFAは21日、「スイス裁判所がFIFA倫理委員会の6年資格停止懲戒を一時的に中断して欲しいというチョン・モンジュン名誉会長の要請を受け入れなかった」と発表した。

チョン・モンジュン名誉会長は8日、FIFA倫理委員会から調査非協力や倫理的態度などの曖昧な理由により、6年の資格停止を受けた。
来年2月26日に実施されるFIFA次期会長選挙に出る予定だったチョン・モンジュン名誉会長の立候補は事実上難しくなった。

これに対してチョン・モンジュン名誉会長は、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴を計画すると同時に、スイス裁判所にFIFA倫理委員会が下した懲戒の中断を要請した。

スイス裁判所はFIFA倫理委員会が懲戒を下したのは手続き上問題がないと判断し、個人の権利を侵害してないとしてチョン名誉会長の要請を棄却した。
従って、チョン会長の挑戦は事実上失敗に終わった。

だがチョン・モンジュン会長は諦めてなかった。
FIFA改革のために最後まで努力するという強い意志を示した。


スポンサーリンク
楽天





最後まで戦おうとするMJ、「スイス裁判所の棄却、FIFAの工作のせい」
ベストイレブン




※一部要約

チョン・モンジュンFIFA名誉副会長兼大韓サッカー協会名誉会長が、FIFA会長選挙の出馬を諦めないという意志を示した。
また、FIFA倫理委員会の懲戒を棄却して欲しいという訴訟を退けたスイス裁判所に対して大きな失望感をあらわした。

スイス裁判所は、FIFA倫理委員会の懲戒手続に問題がないと判断し、チョン会長の訴訟を棄却した。
だが一部で伝えられているのとは異なり、スイス裁判所の訴訟棄却にはFIFAの意図が隠されているようだ。
チョン会長がこれに関して21日、報道資料を出して強く糾弾したからである。

チョン会長は「FIFAは8日に私へ不当な制裁を加えた後、後続の司法対応手続きに必須の判決文を2週間送らずに立候補を邪魔している。スイス地方裁判所は制裁効力の一時停止の仮処分申請について、判決文のない状況では判断しにくいという理由で、棄却の決定を下した」と声を高めた・
つまり、スイス裁判所はFIFA倫理委員会の判断を尊重したのではなく、判断そのものを下すことができずに訴訟を棄却したのだと主張したのである。

スイス裁判所の対応にも失望感をあらわした。
チョン会長は「FIFA会長選挙の手続きの緊急性を考慮し、ひとまず候補資格を維持できるようにしてくれと言った仮処分申請を技術的な理由で棄却したのは、FIFAの腐敗を考慮してない決定」と指摘し、「チューリッヒの判事と検事はFIFAから1990~2006ワールドカップ決勝戦のチケットを提供されたというスキャンダルが報じられたことがある。そのような癒着関係について批判を受けているという点を考慮すれば、スイス裁判所はより慎重に判断すべきだった」と批判した。

チョン会長は「26日が締め切りの会長選挙の登録は難しいとみられるが、判決文が到着次第、FIFAの制裁の不当性を明らかにするためCASに提訴する計画」と今後について説明した。

そしてFIFA現執行部についての批判を続けた。
チョン会長は「ブラッター会長の側近の不公正で不当な介入により、会長選挙はすでに大きく意味が損なわれた」と定義した。
続けて「FIFAの規定上、会長選挙で当選者が出るには、1次投票で2/3を得るか、2次投票以降で過半数を得なければならない。ブラッター会長が来年2月26日の総会で次期会長の当選者が出なければ、ずっと会長職を引き受けることができるという陰謀が出てメディアから提起され、憂慮されている」として、FIFA執行部の不道徳を引き続き叱責した。

最後にチョン会長は「FIFA会長選挙に出馬できなくても、サッカーを愛する人間としてFIFAの変化のためにすべきことをしていく。サッカーを愛し、FIFAの未来を心配しているすべての方々とともに、最後の勝利を得るときまでずっと努力する」と、闘争し続けるという意志を示した。


創作のための陰謀論&オカルトガイド―漫画でわかる創作のための陰謀論&オカルトガイド―漫画でわかる
世界陰謀評議会

笠倉出版社
売り上げランキング : 250590

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...