韓国サッカーをはじめとするアジアサッカー界は日本ラグビーチームを見習え?
スポーツ京郷




※一部要約

アジアサッカー界は日本ラグビー代表チームを見習え?

アメリカのスポーツ専門メディアESPNが「日本は2015ラグビーワールドカップのGLから脱落したが、成果はあった。この成果をアジアサッカー界は見習わなければならない」と報じた。

日本は英国で行われている2015ラグビーワールドカップのGLで3勝1敗の良い成績をおさめたが、本戦(8強)に進出できなかった。
過去の大会で日本は1勝しかおさめられなかった。
GLから脱落したが、飛躍的な成長をおさめたわけだ。


スポンサーリンク
楽天





ESPNは日本ラグビー代表チームからアジアサッカーが見習う点5種類を要約して提示した。
多くの例に韓国サッカー代表チームが含まれた。

1つ目、強豪チームと会っても攻撃的に勝負しなければならない。
ESPNは韓国サッカー代表が2014ブラジルワールドカップのロシアとの初戦で、引き分けに過度に満足したと見た。
ブラジルワールドカップで韓国をはじめとするアジア4チームは、たった1勝もおさめられなかった。
引き分けに満足する攻撃的ではない試合運びのためであるという分析だ。

2つ目、帰化選手は違いを作る。
ESPNはフース・ヒディンク監督が韓国サッカー代表に変化をもたらしたように、帰化選手もチームに肯定的な影響を与えると分析した。
ESPNは「韓国でも帰化選手の論議があったが、最近は静かになった」と報じた。

3つ目、監督に投資しなければならない。
ESPN「ヒディンクのような外国人監督ではない場合、日本などのアジアチームは監督をあまりにも頻繁に変えていた」として、「自国人監督が席を引き受けたときも、時間とチャンスを与えなければならない」と報じた。

ESPNは最後に2種類、"ワールドカップの成績に安住せず、その後を考えること"、"1チームの成功は他のアジアチームの成功を促すこと"を提示した。


ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)
生島 淳

文藝春秋
売り上げランキング : 23

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...