[Kリーグ] 無冠に終わったユン・ジョンファンと蔚山の最初の出会い
ニュース1




※一部要約

ユン・ジョンファン監督体制で今シーズンを野心に満ちで臨んだ蔚山現代が無冠に終わった。
だが蔚山はユン・ジョンファン監督に信頼を送り、来シーズンの反騰を狙っている。

蔚山は14日、蔚山文殊サッカー競技場で行われたFCソウルとのFAカップ準決勝に1-2で敗れた。
決勝行きの挫折、今シーズン一つも優勝カップなしに手ぶらでシーズンを終えることが確定した瞬間だ。

ユン・ジョンファン監督は日本Jリーグのサガン鳥栖を引き受け、チームの昇格を主導した。
続けてJリーグでもチームを上位圏に導き、蔚山ファンからも多くの期待を受けた。

ファンの期待通り、ユン・ジョンファン監督の蔚山はシーズン序盤に3勝1分けで首位圏を維持した。
勝利をおさめたチームの中にはソウル、浦項のような強豪チームがいて、蔚山のバラ色のシーズンが予想された。

だが蔚山は4月5日の光州戦で勝利した後、10試合連続無勝を記録して順位が落ち始めた。
蔚山は9月前までたった一度も勝利できないなど、勝てない試合が多くなり、上位スプリット進出の希望を畳んだ。

蔚山は昨シーズンに続いて再び優勝カップとACL進出権を得るのに失敗した。

ユン・ジョンファン監督は上位スプリットに挫折した9月、「Kリーグについてあまりにも知らなかった」と歯がゆい心境を吐露した。

シーズンで残念な時期を過ごしたが、蔚山は今シーズンの残り試合と来シーズンもユン・ジョンファン監督に信頼を送り、ともにするという立場だ。
蔚山のキム・グァングク団長は「厳しい時期を過ごしたが、最近蔚山の希望を見た。来年もユン・ジョンファン監督と一緒にやるつもり」と信頼を送った。

蔚山での最初のシーズンを残念に過ごしたユン・ジョンファン監督だが、名誉回復のための機会はまだ残っているわけである。


スポンサーリンク
楽天





Kリーグの"苦味"に慣れなければならないユン・ジョンファン監督
エクスポーツニュース




※一部要約

一部の監督はKリーグでの競争について、密林の王国だと呼んだ。
チーム間で互いに分析して執拗に狙って勝利を手にし、ビッグマッチも今年はかなり多かった。

その間にユン・ジョンファン監督のサッカーも事実上看破された。
一部のチームはもう蔚山にどう立ち向かうべきか分かっている表情だ。
最初は蔚山を相手にするのが難しかった。
日本Jリーグからやってきたユン・ジョンファン監督のスタイルを把握するのに時間が必要だったが、当時は今と雰囲気がかなり違った。

就任初年度なので、ユン・ジョンファン監督は個人的にも難しかった部分が多かったものとみられる。
ずっと初めてに接するのは難しい。

日本Jリーグでは線の太いユン・ジョンファンのサッカーが効果を見せた。
サッカー界の一般的な常識の線で、Jリーグは技術を中心にする雰囲気でフィジカルの部分に弱点があった状況だったので、強い体力と身長を基にしたユン・ジョンファン監督のサッカーは良い結果を出した。

だがKリーグの雰囲気は違った。
韓国のDFやMFは基本的に体格条件が良く、日本と同じ成果を出すのは難しかった。
基本的にキム・シヌクなど蔚山FWの指向を相手DFは把握していたし、監督もユン・ジョンファン監督の指向を把握して対応した。
同じ線の太いサッカーでも韓国の舞台に合わせて変形させる必要があったのに、選手構成が少しずつ変わっただけで、そういう試みが不足していた。

今シーズンの残り5試合と来年は、ユン・ジョンファン監督の本当の指導力が検証される舞台になると予想される。
蔚山はとりあえずユン監督を信じていくという立場である。

ただ監督にだけ責任を転嫁するのは正しいことではないと考えた蔚山クラブも、より積極的に動いていくという覚悟を固めている。
来年はさらに選手団を支援し、チームを細分化して監督が良い環境でチームを導けるように、支援を惜しまないという考えだ。
FAカップは終わったが、Kリーグは続いて来年度もある。
ユン・ジョンファン監督が蔚山で見せている今と変わることができるのか、関心を持って見守らなければならない大きな課題だ。


最強欧州サッカー戦術名鑑2015-2016 (タツミムック)最強欧州サッカー戦術名鑑2015-2016 (タツミムック)


辰巳出版
売り上げランキング : 54225

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...