"ドルトムント復帰"パク・チュホ「負担を振り落として期待を維持する」
フットボールリスト




※一部要約

パク・チュホがAマッチ2連戦を気持ち良く行った。
8日のクウェート戦に先発、13日のジャマイカ戦に交代で投入されて2試合をすべて消化した。

13日、ソウルワールドカップ競技場でジャマイカを倒した後、ミックスゾーンで会ったパク・チュホは、ドイツ復帰と新たな活躍を準備していた。
パク・チュホはドルトムント移籍後、ヨーロッパリーグの2試合だけを消化した。
デビュー戦だった先月18日に、クラスノダール相手に1ゴール1アシストを上げて2-1の勝利を導き、2回のPAOKアテネ遠征も消化した。

まだブンデスリーガでは1試合もプレーできてないパク・チュホにとって、代表チームの日程は試合感覚を維持できる良い機会だった。
パク・チュホは焦らないと言った。
最近、"ゴールドットコムドイツ版"では、トゥヘル監督が最も好きな選手でパク・チュホを取り上げて論じた。
パク・チュホは取材陣にこの消息を聞いて「初めて聞いた」と語った。


スポンサーリンク
楽天





─ドイツ復帰後にリーグ戦出場の有無は?

今週末の私たちのチームの日程は金曜日の試合だ。
行って1日ですぐ試合である。
行ってこそ分かるだろう。


─トゥヘル監督の最も好きな選手がパク・チュホという現地記事があったが。

そうなのか?
試合の日は携帯の確認自体をあまりしてなくて知らなかった。
信頼を受けるというのは選手として気分の良いことだ。
一方では負担にもなる。
初戦で勝利に繋がるゴールとアシストをして、基本的な負担感は振り切った。
期待感を続けられるように準備を上手くする。


─前の話だが、バイエルン・ミュンヘンとの試合ではピシュチェクがレフトバックを引き受けた。もともとライトバックの選手なのに。

私はギリシャとの試合(PAOK遠征)で厳しい試合をした。
そのときは芝が長くて天気も悪く、その試合に出た選手のほとんどは体力的に苦しかった。
私は軍隊の4週間の訓練のため、冬季練習をしっかりすることができなかった。
マインツで2、3試合プレーしてドルトムントに行ったとき、100%の体ではなかった。
そういう状態で90分の試合の二日後にまた試合をするのはダメージがある。
監督様もそう考えていたようだ。


─リーグデビュー戦を望んでいるだろう。

本当に焦ってない。
私はリーグが始まってからチームに入ってきた。
私以外に良い選手が多いチームだ。
いっぺんに枠組みを変えるのはチームにとっても良くない。


【関連記事】
ドルトムントでリーグ戦出場0のパク・チュホ「冬まではチームに適応する時間」「ドルトムントはファンが情熱的」

(プーマ)PUMA BVB T7フーディー 746931 02 ブラック/エボニー/サイバーイエロー L(プーマ)PUMA BVB T7フーディー 746931 02 ブラック/エボニー/サイバーイエロー L


PUMA

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...