クロップ、古巣ドルトムントからの選手引き抜きを否定 「私のアプローチではない」
GOAL

9日に就任会見が開かれ、新天地で早くも周囲のハートをつかんだ様子のクロップ新監督。メディアでは、冬の移籍市場でドルトムントからDFネヴェン・スボティッチ、MFスヴェン・ベンダーらの獲得を図るなどと噂されている。また過去には、当時まだシャフタール・ドネツクに所属していたMFヘンリク・ムヒタリャンをリヴァプールが狙っていたことも有名な話だ。

しかし『ビルト』のインタビューで、1月の移籍市場でドルトムントの選手を獲得する可能性について問われたクロップ監督は、「まったく私のアプローチではない」と強く否定。冬の補強についてまだ具体的に考えてはいないと主張した。

「今はまだ10月だ。冬まであと何試合を残しているのかすら正確に知らないよ。だが、かなりの試合数が残っているのは確かだ。だからまずは、このチームにプレーヤーたちを見ることになるだろう」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151012-00000017-goal-socc




"義理男"クロップ、「ドルトムントの選手たちを買うことはないだろう」
スポータルコリア




※一部要約

リバプールの新監督ユルゲン・クロップがドルトムントの選手を引き抜くことはないと釘を差した。

クロップは12日、"ビルト"とのインタビューで「私はドルトムントの選手をリバプールに連れてくることはないだろう」と、前所属チームとの義理を誇示した。





スポンサーリンク
楽天




とにかくゴミ記者の野郎が想像で記事を書くのは合ってるのか



ドルトムントの選手:リバプールに行くと言ったこともない・・・



何が惜しくてリバプールに・・
ドイツの方がはるかに良くて英国は食べ物もゴミで言葉も通じないし




ロイス、フンメルス、ギュンドアン、オーバメヤン「リバプールはビッグクラブじゃない」



冬の移籍市場の資金も気にしてないのを見ると
今シーズンはただ黙って応援した方が良さそうだ



そこに行く選手もいないように見えるのだが



連れてくるのではなく買ってこれないのだろう



チ・ドンウォンはリバプールに行くチャンスを逃した



この記事をマルコ・ロイスが気に入ってます



今後応援するチームはドルトムントとリバプールだけだ



クロップ:だがドルトムントからミュンヘンに移籍した
裏切りドフスキとゲッツェは望む・・




クロップがリバプールに来るのが分かってたら
ソン・フンミンもリバプールに行った方が良かったのに



やはりクロップ兄さんTT
ありがとうございます
もしかしたらと緊張してましたTT



ドルトムントの選手は狙わなくても
ブンデスリーガの選手は狙うだろう



バイエルン・ミュンヘンで才能を腐らせているゲッツェが来れば良い・・
本人も生きてクロップも生きてリバプールも生かせる
ゲッツェにとっては最高の選択じゃないか???




チ・ドンウォン選手を買ってくれ



ドルトムントの選手:CLにも出られないリバプールには移籍しない^^



その代わりミュンヘンの選手を獲得する



クロップ:だがフンメルスだけは・・・



チ・ドンウォンを獲得してくれ・・
ゴールを決めないFWを育てるのも魅力があると言ったじゃないか・・



香川真司獲得→ジャパンマネーを吸収→
ワールドクラス級選手の獲得→香川真司放出




ロイスとパク・チュホを買ってみてくれ



ドルトムントの選手がリバプールに行くのか
ふふふ



ドルトムントを出た選手を獲得・・・(笑)
ふふふ



クロップが注目されてるときにフンミンが活躍すればスターになる



クロップがミュンヘンの選手を望んで
リバプールが積極的に支援をすれば面白いのに



ゴッドクロップ!!!!!!!!



幸いだ
私が嫌いな香川が来たらどうしようかと思ってた・・




買ってきたくても財政が同じようなレベルじゃないか



現実的にレバンドフスキは可能性が低そうに見える
ミュラーの方がむしろEPLに行きそう



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...