【C大阪】来季新監督に、Kリーグ浦項の黄善洪監督が浮上!
スポーツ報知

 C大阪の来季監督の有力候補に、クラブOBで韓国Kリーグ・浦項監督の黄善洪氏(47)が浮上していることが11日、分かった。今季指揮を執るアウトゥオリ監督(59)はすでに辞意を固めており、来季は在籍時代の1999年にJリーグ得点王にも輝いた黄氏にチーム再建を託す。

 複数の関係者の話を総合すると、すでに今秋、黄氏の代理人が複数回にわたって来日し、C大阪幹部と大阪市内で接触。今後、条件面など本格交渉に発展するとみられる。C大阪は昨秋、新監督候補として正式オファーを出したが、黄氏と浦項の契約が残っていたことなどから成立せず。だが、その契約も今季限りで切れるため、再びリストアップしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151011-00000235-sph-socc




[インタビュー] ファン・ソンホン監督「セレッソ大阪の公式オファーは何もない」
スポーツソウル




※一部要約

浦項のファン・ソンホン監督がJ2リーグのセレッソ大阪の来シーズンの司令塔に浮上しているという日本メディアの報道について、積極的に否認した。
ファン監督は12日、スポーツソウルとの電話通話で「セレッソ大阪の公式オファーは何もない」と言い切った。

"スポーツ報知"は今秋にファン監督の代理人とセレッソ大阪のクラブ関係者が大阪市内で何回も接触したと明かし、今後本格的な交渉に入ると予想した。
ファン監督は日本メディアの報道で不必要な誤解が生じることについて警戒した。
彼は「どのクラブでも公式オファーがあれば、現所属チームの浦項と相談するだろう。だが今は何のオファーもない」として、「今シーズンを最後に契約は満了するが、私が隠す理由は一つもない。セレッソから契約期間や年俸についての正確なオファーはない」と強調した。
ファン監督は近いうちに浦項クラブと再契約に関する論議をする予定である。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ソンホン監「C大阪の次期司令塔?聞いたことがない」
スポーツ朝鮮




※一部要約

ファン監督は12日、スポーツ朝鮮との電話通話で「(セレッソ大坂が監督職をオファーしたということについて)聞いたことがない。公式オファーもなかった」と明かした。

この日、日本スポーツ専門紙のスポーツ報知は「今シーズンにセレッソ大坂の指揮棒を取ったパウロ・アウトゥオリ監督がすでにクラブに辞意を表明した状況で、ファン監督がチーム再建のために投入される可能性がある」と報じた。

ファン監督に向けられたセレッソ大阪のラブコールは去年から始まった。
オファーは甘かった。
だがファン監督の選択は"拒絶"だった。
彼は先月15日、スポーツ朝鮮とのインタビューで「去年オファーを受けたのは事実だ。だが浦項との契約期間が残っていた。信義を破ってまで冒険する必要はなかった」と説明した。

だがこの日、日本の新聞から報道が出た後、ファン監督は悔しさを吐露した。
彼は「一連のすべての状況を、私が裏から操っているように映しだされることが残念だ」として、「あえて私が裏から操る理由はないのではないか。今年が契約期間の満了だ。私が去りたければ去ることができる。公式オファーが来ればクラブと必ず相談することにしている。だがまだ公式オファーはまったくない」と語った。

これについて浦項側は「ファン監督の再契約は年末まで待たなければならない立場」と伝えた。


月刊J2マガジン 2015年 11 月号 [雑誌]月刊J2マガジン 2015年 11 月号 [雑誌]
江頭 誠

ベースボールマガジン社

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...