[代表チーム練習] パク・チュホ、ジャマイカに「フィジカル・スピードで押されない」
インターフットボール




※一部要約

パク・チュホは11日午後5時30分、坡州国家代表トレーニングセンター(NFC)での公式練習の前に行った取材陣とのインタビューで「大変な遠征で勝って帰ってきて嬉しい。クウェート戦にすべてを注いで、次の試合を気楽にしようと(キ・)ソンヨンと話した。幸い良い結果を得た。ホームで気楽な気分でプレーできるようになった」と笑みを見せた。

クウェート戦でパク・チュホはク・ジャチョルの決勝ゴールをアシストするなど、攻守で満点の活躍をした。
これについて「クウェート戦で自信が上昇した。最近、所属チームでは試合にあまり出られずにいる。チームに合流してから練習時間も短かった。だがまだ適応段階で、いつかチャンスが来ると信じている。試合でプレーするために最善を尽くしている」と伝えた。

続けてドルトムントに関して「ドイツの他のチームもサッカーに関心が高いが、ドルトムントはものすごい。チーム練習のときに多くのファンが訪ねてくれて情熱的」と愛情を示した。

パク・チュホはジャマイカ戦に先発で出る可能性が高い。
彼は「北中米の選手はアジア選手よりスピードが速くてフィジカルが優れている。だが押されずに対等に試合をするよう努力する」と覚悟を固めた。


スポンサーリンク
楽天





"リーグ出場0G"パク・チュホ、「冬まではチームに適応する時間」
OSEN




※一部要約

パク・チュホが今シーズンに新しく移籍したドルトムントで主軸選手になるためには、適応時間が必要だと明かした。

パク・チュホは8月末にマインツからドルトムントに電撃移籍した。
だが手足を合わせる時間が足りなかった。
シーズンが始まって半月後に移籍しただけに当然のことだった。
そのためパク・チュホはまだブンデスリーガに出場できず、ヨーロッパリーグの2試合だけに姿をあらわした。

だが焦っているということはない。
パク・チュホは「良いチームに移籍して自信が大きく上がってきた」として、「試合に続けては出場できてないが、練習時間が短かっただけに、冬まではチームに適応する時間だと考える。出場機会がないこともないので、試合数が多いだけに準備して続けて出られるようにする」と語った。

そのような状況での代表チーム招集は喜ばしい。
代表チームの試合を通じて試合感覚を維持することもでき、良い成績を出して気分を肯定的な方へずっと維持することもできる。
特にパク・チュホは8日のクウェートとのロシアワールドカップ2次予選の遠征試合で良い姿を見せた。


【関連記事】
ドルトムントのパク・チュホ「香川とはご飯を一緒に食べる間柄」「マンUに移籍したマルシャルは怪物だった」
【W杯予選】韓国ネチズン反応…韓国がクウェート遠征で1-0の勝利、G組単独首位

(プーマ)PUMA BVB スタジアムジャケット 747918 02 ブラック/サイバー イエロー S(プーマ)PUMA BVB スタジアムジャケット 747918 02 ブラック/サイバー イエロー S


PUMA

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...