[現地リポート] トゥヘル監督「パク・チュホは完璧なチームプレーヤー」
スポータルコリア




※一部要約

今週発行されたドルトムントのクラブマガジン"Borussia"96号編に、ニューフェイスのパク・チュホに関する記事が掲載された。
トゥヘル監督はクラブマガジンとのインタビューで、マインツ時代から縁を結んだ弟子のパク・チュホについて紹介し、彼を獲得した理由を明かした。

トゥヘル監督は「彼が初めてマインツに来たときから、彼のユーモラスさと親和力にどれだけ驚いたか分からない」とパク・チュホの第一印象について説明し、「パク・チュホは優れた才能を持っているし、完璧なチームプレーヤー」と評価した。
また、パク・チュホ監督について「私たちの選手団にとって最高の補強」と絶賛を惜しまなかった。

続けてトゥヘル監督は「パク・チュホは非常に優れた脱圧迫能力を持っている。ゲーゲンプレスとパスプレーに適合している選手だ。戦術的に左SBだけでなく前方の配置も可能で、中央MFでも投入できる」として、自分が発掘したパク・チュホのマルチ能力について言及した。
記事では15/16ブンデスリーガ2ラウンドのマインツとメンヘングラッドバッハの試合で、パク・チュホが記録した92.1%のパス成功率についての説明が続き、パス力を兼ね備えたマルチプレーヤーとしてパク・チュホに対する評価を裏付けた。

"Borussia"はパク・チュホがとりあえずはシュメルツァーとの主戦競争で一歩後ろにいることを明示しながらも、"パク・チュホが今シーズンのBVBの成功に必要な資源であることは間違いない"という言葉で、新たな"蜜蜂"パク・チュホへの期待感を示した。


スポンサーリンク
楽天





[現地インタビュー] パク・チュホ、「サッカー人生の最後まで挑戦は止まらない」
スポータルコリア




※一部要約

─ヨーロッパの試合から周囲の反応はどうだったか?

みんな祝福すると言ってきた。
韓国にいる友人、家族、選手にもからも連絡がたくさん来た。
ドルトムントで思ったより早く試合に出たし、すぐに攻撃ポイントを記録したことについて驚いたし、祝福するという言葉だった。


─チームはこれまで安定したローテーションを運営中だ。

今はチームがあまりにも窮屈な日程を消化中だ。
今日の試合だけでも、ヨーロッパリーグと比べて3~4人の先発陣の変化があった。
全員にとって競争が避けられない状況であり、競争がチームを完成させると思う。


─次のラウンドはキム・ジンスがプレーしているホッフェンハイム戦だ。コリアンダービーは実現するだろうか?

ジンスは試合に出る確率が高いが、私は試合にいつでも出られるように準備することが優先だろう。
コリアンダービーが実現すれば嬉しい。
準備をしっかりする。


─前の試合のインタビューで、次のドルトムント戦でパク・チュホをしっかり防がなければならないというインタビューをしたのだが、それに対して返事をするなら?

私はDFで・・私を特に防ぐ必要はないと思うが・・・(笑)
ジンスは所属チームがずっと負けているが、継続して試合に出場している点が重要だろう。
それだけホッフェンハイムの監督様がジンスを信頼しているのだと思う。
次の試合でコリアンダービーを成功させ、ジンスと善意の競争をできるようにする。


─パク・チュホにいつも伴う修飾語は"挑戦"だ。本人にとって"挑戦"とはどんな意味か?

これまで2年以内にチームをずっと変えてきたが、安定を見つけられる時期にいつも挑戦をしてきた。
サッカー選手として生きるすべての時間が挑戦だと思っている。
サッカーを今後どのチームで、どのリーグで、いつまでできるのか分からないが、サッカー人生が終わるときまで自分自身に負けずに挑戦したい。


【関連記事】
【EL】韓国ネチズン「香川はやはり忍者」…ドルトムントがパク・チュホの1G1Aで劇的な逆転勝ち
マインツに完敗したホッフェンハイムのキム・ジンス「何が問題なのか分からない」「ドルトムント戦ではパク・チュホを防ぐ」
韓国ネチズン反応…香川1G1Aのドルトムントがレバークーゼンに完勝!パク・チュホとリュ・スンウは欠場

ドルトムント ドルトムント ペンケースドルトムント ドルトムント ペンケース


ドルトムント

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...