KリーグチームのACL4強進出挫折は「Kリーグが発展の方向を悩んでみるきっかけ」」
スポーツソウル




※一部要約

「Kリーグが悩んでみる結果だ」

ソ・ジョンウォン水原監督とチェ・ヨンスソウル監督がACL8強でKリーグチームがすべて脱落した状況について意見を出した。
19日に行われる水原とソウルのKリーグクラシック"スーパーマッチ"を控えて一席に集まった2人の指令塔と両チームの主将ヨム・ギフンとチャ・ドゥリは16日、全北がガンバ大阪に敗れてACL4強に上がれなかったことについて自分たちの考えを明かした。

チャ・ドゥリは「Kリーグがアジアで遅れを取ってるとは思わない」と語った。
彼は「Kリーグチームは去年4強、その前は決勝に上がった。今年一回に成績でリーグの競争力を低く評価することはできない。今年4強に上がれなかった流れが来年、再来年も続くなら問題点について悩む必要があるが、一度の失敗でそれ以前に出した成果も無視してはならない。再整備すれば来年にまた良い成果を上げられるだろう」と語った。
ヨム・ギフンは「試合をすると相手チームの選手一人ひとりの技量が良くなったことを感じることになった。試合に出る選手がさらに奮発し、相手に自分たちが遅れを取ってはならないという責任感を持たなければならない」として、「Kリーグがアジアの他リーグのチームに比べて遅れを取っているという考えはまったくない」と語った。


スポンサーリンク
楽天





[Kリーグ] "韓サッカー上手くしなければならないのだが"スーパーマッチを控えた水原・ソウル監督"心配"
NEWSIS




※一部要約

ソ・ジョンウォン水原監督は17日、前日に行われたACL8強2次戦で最後の1分を耐えられずにガンバ大阪に2-3で敗れた全北の脱落に言及し、「最近(Kリーグチームが)ACLで光を見なくなっていることについて、心が痛むし責任感を感じる」と憂慮を吐露した。

彼は「全北が上がってKリーグの代表走者としてアジアを征服することを願っていたが残念だ」と言った。

ソ監督は「指導者や選手、一歩進んでクラブも、(全北の敗北を)もう一度振り返ってみるきっかけにしなければならない」として、「全体で意気投合し、発展する部分を見つけなければならない」と付け加えた。

彼はスーパーマッチなど、Kリーグの観客が与える現実についても「両チームのスタープレーヤーがかなりいなくなった」と診断を下して、「経験豊富で技術の優れている選手が多ければ、試合が面白くなって迫力が溢れる」と分析した。

チェ・ヨンスFCソウル監督も「全北はもっと高い高地まで行けるチームだった」として、「Kリーグを引っ張っていく監督として残念な気がした」と、ガンバ大阪に敗れて4強進出に挫折した全北に物足りなさを吐露した。





彼は「Kリーグが競争力を高めるには、一回くらい全体が悩む時期も必要だ。過渡期だと思う」と、全北の敗北を韓国サッカーがもう一段階成長するための成長痛に例えた。

チェ監督は観客減少については、ソ・ジョンウォン監督と同じ診断を下した。
彼は「一次的に、以前と比べて注目される選手がほとんど見られない」として、「できるだけ良い競技力を見せて、良い試合をしなければならない」と語った。


【関連記事】
【ACL】韓国ネチズン反応…全北が追加時間の一撃でガンバに衝撃負け、4強行き霧散
【ACL】不運+意志不足で4強行き失敗の全北、チェ・ガンヒ監督「運命として受け入れるしかない」
【ACL】全北イ・グノ&イ・ジェソン「ミスの一つ一つがすべて惜しい」「パスサッカーに弱い部分を補完しなければ」
【ACL】韓国メディア「ガンバは試合直前まで水を撒いて執拗だった」「競技場のネットが遅くて韓国国民であることに感謝」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...