[単独インタビュー] Jリーグ白衣従軍キム・ボギョン「必ず復活する」
スポーツ朝鮮




※一部要約

"第2のパク・チソン"と呼ばれたキム・ボギョンがJリーグに白衣従軍した。
FA身分だったキム・ボギョンは8日、日本J1松本に入団した。
セレッソを去ってから3年1ヶ月ぶりである。
キム・ボギョンは松本入団発表後の12日、湘南戦に先発で出場して56分間活躍し、再びグラウンドを踏んだ。

夏は涙だった。
ワークパーミットの発行問題でブラックバーン入団に挫折した。
自国選手育成のために強化された規定の被害者となった。
背番号7まで受けていたブラックバーン入団に挫折した後は彷徨が続いた。
PSVアイントホーフェンのラブコールを受けたが縁を結べなかった。
結局キム・ボギョンは"初心"を選んだ。
1ステージ15位に続いて2ステージでも下位圏で遅れを取っている松本は、豊富な経験を備えているキム・ボギョンの能力が切実だった。
2008年に北京オリンピック本戦で日本代表を導いた反町康治監督はキム・ボギョンに無限の信頼を送っている。
キム・ボギョンは松本のJ1残留と夏の痛みを歓喜に変える、二兎掴みに全神経を集中している。


スポンサーリンク
楽天





─12日の湘南戦に先発で出て56分プレーした所感は。

久しぶりに試合をする状況だったので期待と不安があった。
もう少し時間をかけて準備をして試合をしたかったが、そうじゃなくて多少残念だった。
それでも今回の対戦で多くのことを感じたので、さらに良くなると思う。


─2年6ヶ月ぶりのJリーグ復帰だった。グラウンドの雰囲気や試合のスタイルなど、色々と不慣れだったように見える。

どうしても新しいチームで、シーズン途中から始めると簡単ではないと思った。
それでも思ったよりチームの適応はすぐできそうだ。
Jリーグは(すでに経験したことがあり)不慣れには感じられなかった。


─最初の試合をプレーした自分を点数で評価するならば。

50点だ。
とりあえずコンディションの部分で惜しいところが残る。
(松本の)チームスタイルも今までとはかなり違う。


─今のコンディションはどの程度なのか。

100%に達してない。
コンディションを引き上げるのにもう少し時間が必要みたいだ。


─セレッソ大阪を去ってから3年間イングランドの舞台でプレーした。Jリーグ復帰は簡単ではない選択だったようだが。

ご存知のように(ブラックバーン)移籍が思い通りにならなかった。
新しいチームを探すには、時間などすべての面が良くなかった。
Jリーグに戻るのは簡単な選択ではなかった。


─実際、松本の状況はそれほど良い方ではない。降格圏脱出を大言壮語できない。それでも松本を選んだ理由は。

松本のチーム事情が良くないのは合っているが、十分能力があるチームだ。
そしてチームのビジョンと個人的な側面で利害関係が合った。
それが松本を選んだ理由だ。


─反町監督とはどんな言葉を交わしたのか。

チーム的な部分を非常に重要だと考えている指導者だ。
松本のチーム戦術について多くの話をした。
攻撃加担だけでなく、守備的な力量も要求している。


─松本入団の前に早くからチームに合流して体を作っていたと聞いた。久しぶりに日本へ戻ったがハプニングはないか。

まだすごく面白いことはなかった(笑)。


─夏の移籍市場を経ながら代表チームの乗船問題が交錯した。これまで代表チームで良い評価を受けていただけに、物足りなさが残りそうだが。

個人的にはすごく残念だ。
だがこれもまた良い経験だ。
再び良い姿を見せられるよう、所属チームの練習に集中しなければならない。


─A代表チームは10月にジャマイカ、クウェートと対決する。松本入団が決まっただけに、活躍の有無でまた太極マークを付けることができる。

代表チームに行くためには良い姿を安定して見せなければならない。
なのでチームでかなりの努力をしなければならない。


─ファンは今回の移籍をきっかけに、今冬に再びヨーロッパの舞台へ挑戦できるきっかけを用意することを願っている。

今シーズンが良いきっかけになれば良いだろう。
準備を上手くしなければならない。
だがまだ先のことだ。
松本で今は充実した準備をして努力する計画だ。
一つ一つ伝えることはできないがが、いつも応援に大きな力を貰っている。
松本で最善を尽くして期待に応えたい。


【関連記事】
韓国メディア「キム・ボギョンの松本山雅行き、欧州再跳躍のための足場」「反町監督は韓国選手への理解が深い指導者」

勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ
元川 悦子

汐文社
売り上げランキング : 224955

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...