[ハローブンデスリーガ] ドイツサッカー常勝疾走・・・"ユース育成"果敢な投資の力
スポーツ東亜




※一部要約

世界でサッカーで有名な国々を挙げるなら、"サッカー宗家"イングランド、"ティキタカ"スペイン、"かんぬき守備"イタリア、そして"戦車軍団"ドイツを思い浮かべることができる。
これらの国は体系的なユース育成システムを基にサッカー強国の地位を守っている。
特にドイツは現在、育成システムによって大きな成果を出している。

ドイツサッカーは1部から3部までプロリーグと称する"ブンデスリーガ"からアマチュアリーグまで、合わせて13部で成り立っている。
そのような多層構造に基づいて各クラブが争い、ブンデスリーガのレベルを高めている。
アマチュアもそれぞれユース育成システムを構築していて、いつでも彼らの育成選手を実戦に投入できる体系を備えている。


スポンサーリンク
楽天





Kリーグクラシックの釜山アイパークU-12ユースチームのコーチを受け持っているチョン・スンファ(28)は、ドイツ5部リーグで4年間選手としてプレーし、ドイツサッカー協会で主管している指導者過程Bクラスを修了した。
彼は「私が所属していたチームは人口が約10万にしかならない小さな都市のクラブだったがユースチームを保有していたし、5部リーグだったが財政的にもしっかりしていて1軍チームは海外現地練習もよく進めていて、ユースチームの運営にも積極的だった」と選手時代に感じたドイツサッカーのシステムを説明した。

彼は特にユースシステムについて「他のチームも同じだが、私の所属クラブのユースチームは8歳以下で構成されたチームと、それ以降の年代別ユースチームで構成されていた。だから少なくともクラブ内に7~8以上のユースチームがある」として、「我が国は中学3年になって初めて試合らしい試合ができるが、私たちもドイツサッカーのシステムをベンチマーキングして競技力のあるサッカー選手を育てるようにしたい」と明かした。

ドイツは今のシステムに満足せず、さらに大きな計画を立てている。
DFBは2017年にフランクフルトに約8900万ユーロ(約1200億ウォン)を投じて"DFBアカデミー"という大規模サッカー選手村を建設する予定である。
DFBアカデミーはユースから国家代表まで、ドイツ全域のサッカーの人材を一度に受け入れて練習できるようにする大規模施設だ。
他の国では到底考えられない水準である。

現在の世界サッカーは資本主義という巨大な流れとともに動いている。
ドイツ代表のレーヴ監督は「ドイツはここ数年、ユース育成だけに1億ユーロ以上を投資した」と言及したように、ドイツは現在時刻の選手育成にかなり努めている。
今はブンデスリーガ所属のドイツ選手が他国リーグへ多く流出していることについて否定的な見解もあるが、ドイツは内実を固めて自分たちだけのサッカーを構築しているという肯定的な評価が優勢である。
国歌対抗戦でもそうであるように、ドイツサッカーはクラブ対抗戦でも常勝疾走している。
また、絶えず現れるスタープレーヤーはドイツサッカーの果敢な投資が成功していることを証明する指標だ。


世界最強ドイツサッカーに学ぶサッカートレーニング術: ゲームに勝つための想像力、素早い状況判断、攻守の切り替えが身につく世界最強ドイツサッカーに学ぶサッカートレーニング術: ゲームに勝つための想像力、素早い状況判断、攻守の切り替えが身につく
マヌエル ラウルセン,Manuel Laurijssen

誠文堂新光社
売り上げランキング : 14732

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...