非マナーにレーザービーム・・・試合のマナーでも負けたレバノン
OSEN




※一部要約

シュティーリケ監督が導く韓国サッカー代表チーム(FIFAランキング57位)は9日、レバノン(133位)との2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選G組3次戦で3-0の完勝をおさめた。

レバノン遠征はやはり地獄だった。
スポーツで強調されるフェアプレー精神の形跡もなかった。
レバノンファンは試合開始からレーザービームで太極戦士を苦しめた。
2011年のベイルート惨事を思い出させた。
当時、韓国はレーザービームなどの遠征地獄を経験し、1-2で敗れた。
チョ・グァンレ監督を追い出した決定的な敗北だった。

レバノン選手も非マナーに加わった。
前半30分に眉をひそめさせるほどのシーンがでた。
ソク・ヒョンジュンがボールの競り合いの途中でグラウンドに倒れたが、レバノン選手は気にしなかった。
むしろ今だと思って韓国のゴールを狙いそうだった。
通常、相手選手がグラウンドに倒れたらボールを外に蹴り出すのが普通である。

モハメド・ハイダルの行動は呆れるしかなかった。
韓国陣営のサイドでボールを蹴る出すふりをして、韓国選手が油断してる間にドリブル突破を試みてアークサークル付近でFKを奪った。
韓国選手は強く抗議したが、ハイダルの行動は傍若無人だった。


スポンサーリンク
楽天





[韓国-レバノン] "レーザービームに愛国歌野次"レバノン、実力と同じくらいマナーも低質
デイリアン




※一部要約

韓国とのホーム試合で22年ぶりに完敗したレバノンは、試合マナーでも負けて体面を潰した。

試合開始前に愛国歌が競技場に鳴り響くと、すぐにレバノンの観衆の野次が溢れ始めた。
一般的な国際大会では見つけられない寸劇だった。
通常、相手の国歌が演奏されているときは傾聴する姿勢を見せなければならないが、レバノンの観衆に尊重というのはなかった。

試合に入るとすぐに今度はレバノン選手が低質な行動で眉をひそめさせた。
試合開始と同時にイ・チョンヨンの足首を踏むなど荒いプレーを繰り広げた。

ク・ジャチョルが慌ててファールで阻止すると、すぐに今度はレバノンの観衆の妨害が始まった。
FKの状況でGKキム・スンギュの顔と体にレーザービームを発射する呆れ返る状況も演出された。

実力も実力だが、この日のレバノンは自分たちがなぜワールドカップに出場できないのかを自ら証明した。




[WC亜予選] "もしやと思ったがやはり"マナーでも完敗したレバノン
NEWSIS

20150909020803.jpg


※一部要約

レバノンでは越えなければならない山が多かった。

レバノンはこれまでリードや同点にすれば"ベッドサッカー"で時間を遅らせた。
韓国選手は平常心が揺れてなかなか競技力を回復できないことが多かった。

現地人の"非マナー"応援も悪名高かった。
特に2011年に行われた韓国とレバノンの2014ブラジルワールドカップ予選では、韓国GKに"レーザービーム"を撃って妨害工作を展開した。

この日の競技場は凄まじかった。
競技場を訪れた1万近くの現地人は、試合開始1時間前から熱い応援を繰り広げた。
まるで韓国の険しい90分を予告しているようだった。

もしもの暴力的な事態に備えて軍人と警察兵力500人余りが配備されたりもした。


20150909020803a.jpg


大韓サッカー協会関係者は雰囲気が良くなければすぐに撤収することを頼んだ。

だが韓国は強かった。

前半22分にチャン・ヒョンスがPKのチャンスを活かして先制ゴールを決め、4分後にはク・ジャチョルが相手のオウンゴールを誘った。
後半15分にはクォン・チャンフンがゴールを追加してレバノンを撃破した。

レバノンはマナーを放棄してまで韓国に抵抗したが、残ったのは敗北だけだった。


20150909015607.jpg

20150909065127.jpg

20150909114603a.jpg


【関連記事】
【W杯予選】韓国ネチズン反応…韓国がレバノンに3:0の完勝、22年ぶりにアウェイで勝利
韓国メディア「日本が6:0で大勝しても韓国代表に惚れる日本ネチズン」「日本はこれといった活躍をできずにいる」

2Way レーザーポインター 使いやすい単4電池1本仕様2Way レーザーポインター 使いやすい単4電池1本仕様


RB
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...