レバノンサッカー監督「韓国相手に攻撃的に対抗する」
聯合ニュース




※一部要約

「おそらく私たちの攻撃的戦術を見たら驚くだろう」

レバノン代表チームのミオドラグ・ラドゥロヴィッチ監督が、韓国相手に攻撃的に対抗すると宣言した。

モンテネグロ出身のラドゥロヴィッチ監督は7日、ロシアワールドカップアジア地区2次予選G組の韓国-レバノン戦の公式記者会見で「ホーム試合なので韓国相手に攻撃的に対抗するだろう」と明かした。

レバノンはFIFAランキング133位で57位の韓国より大きく遅れている。
戦績でも我が国がレバノン相手に7勝2分け1敗と圧倒している。

だが最近の3回のレバノン遠征で我が国はレバノン相手に2分け1敗に終わっている。
そのような事実のためか、この日の会見でレバノン記者は"最近の3回の試合"という言葉を繰り返した。

今年からレバノン代表の指揮棒を取っているラドゥロヴィッチ監督は「明日の試合はアジア最上級チームの韓国を相手に簡単ではない勝負になる」としつつも、「私たちのチームは現在、怪我人もいなくて全選手が完全に準備を終えているので、明日は良い試合をすると信じている」と語った。


スポンサーリンク
楽天








この日の記者会見には主将のロダー・アンタルも一緒に参加した。

アンタルは2003年から2007年までフライブルク、2007年から2009年までケルンでプレーするなど、欧州の舞台で活躍した経験のある攻撃型MFである。

2009年から活動の舞台を中国に移し、Aマッチで19ゴールを炸裂させている"警戒対象1号"だ。

一部では"レバノン監督と不和を醸して代表チームの主軸選手が2人突然引退し、戦力が弱まった"という報道があったが、記者会見場を訪れたレバノン記者は「監督と選手の関係は非常に良い方」として、「引退したという選手2人も代表チームの戦力に特に影響を与えない選手」と説明した。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…反政府デモが続くレバノン、W杯予選の韓国-レバノン戦は予定通り開催



どうせ先制ゴールさえ決めたらベッド戦術しかないだろう



レバノン監督・・・
何も知らずに攻撃サッカーをするとほざいているが・・
明日は地獄を見ることになるだろう
少なくともアジアで韓国に攻撃的に応戦できるチームは
イラン、オーストラリア、日本の3チーム以外はいない
明日は4-0を予想する




アラブのベッドサッカーに遭わないためには
まず先制点が重要だ



そうしてくれればありがたい
攻撃的に出れば大韓民国もすごく攻撃的に出るはずなので
サッカーがすごく面白くなるだろう



攻撃的に寝転ぶと?



またこいつらのホームだから攻撃的に横になるだろう
私たちも絶対に先制ゴールを決めて横になろう



攻撃的に出て韓国にボコられるだろう・・・・



ラオス監督「私たちが攻撃的に出たら20-0になっていたかもしれない」
(関連:【W杯予選】韓国ネチズン反応…韓国がラオスに8:0の完勝、ソン・フンミンハットトリック



オーストラリア、日本以外のアジアチームは韓国相手に対抗作戦を絶対にできない
ふふ
国内派同士なら日本の連中でも10バックをするはめに
ふふ
ただの虚勢だ
明日は10バックで逆襲である
私が保証する




それでも油断しないようにしよう
油断が最大の敵だ




まず攻撃して1ゴール決めてからベッドサッカーという戦略だ



横になったと罵る前に私たちが先制ゴールを決めれば良い



ふふふ
1ゴール決めるまでは攻撃的に出るという声に聞こえる・・・



驚きの戦術:10バック、ベッドサッカー



ふふふ
煙幕だから見ていろ
10バックを持ち出してくる



そう言っておいて前半30分以内に寝転ぶんだろう



勝って鼻っ柱を折ってくれ



ありがとう
私たちは弱いからラインを上げてポゼッションサッカーをしろ



あまりにもしょぼくて驚くだろう



レバノン遠征に行って最後に勝ったのが昔のキム・ジュソンの時代・・



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...