"増築工事"チェルシー、6万人スタジアムに変身計画
インターフットボール




※一部要約

チェルシーのホーム球場スタンフォード・ブリッジについて、具体的な計画があらわれた。
何と6万人を収容できるスタジアムに変わる。

チェルシーは2017年から2020年まで英国サッカーの聖地ウェンブリー・スタジアムをホームに使うものとみられる。
スタンフォード・ブリッジの工事が始まるからだ。

増築工事をすれば今の競技場を使えない。
ウェンブリー・スタジアムの使用料は1年で1200万ポンド(約225億ウォン)である。

この増築工事で博物館、レストラン、補助競技場、カフェ、売店、商品販売店など様々な文化施設が追加される予定だ。
また、地下鉄駅と連結してアクセシビリティも拡張させる計画である。

モウリーニョ監督も「チェルシーがもう一段階飛躍するためには、さらに多くの座席を確保した新しいスタンフォード・ブリッジが必要だ。クラブの未来のために新しい球場を作る」と新計画を発表した。


スポンサーリンク
楽天




守備の増築工事からどうにかしよう



ロマンは本当に投資がものすごいね



工事期間が3年だが我が国の建築業者に任せたら1年6ヶ月に短縮可能
ふふふふふふ
安全の責任は負えないが
ふふふ




増築工事+ウェンブリーの賃貸料で当分大型契約はないだろう




チェルシーもそろそろ名門になる準備をしている



モウリーニョ更迭危機!!!!



獲得をすべて諦めて増築だけしてどうするのか
今の成績なら観客は増えそうにない



チェルシーはそれでもロマンという強固なバックアップがいるだろう・・・・・



我が国に任せろ・・(笑)
工事を1~2年以内に終わらせることができそうなのに(笑)



そうでなくても応援の熱気がすごいのにもっとすごくなるね



新球場の名前は横浜モール



増築ではなく新築レベルだ(笑)
フフッ



その金で守備の補強を・・・・



ロンドンだけで球場がいくつ・・・・



守備の工事をしなければならないはずだが






ロナウジーニョの息子に注目、大きな目・・・「そっくり!」
東亜ドットコム




※一部要約

ロナウジーニョは8月に自身のインスタグラムで息子を公開した。

公開された写真でロナウジーニョの息子ジョアンは、ロナウジーニョそっくりの大きな目と出っ歯で見る人の注目を集めた。

ロナウジーニョは現在フルミネンセFCで選手生活を続けている。



父親の才能を受け継いで私たちの目にまた贅沢をさせてくれないか・・?



ジーニョよりイケメンのようだ



本当にそっくりだ
ふふふふふふ



小さい頃に矯正は必須にしろ!



これはそっくりだ
ふふふふふふふふ



ふふふふ
たい焼きだね



父親の才能の半分でもあればEPL中位圏チームくらいは行けるだろう・・・
フフッ



生まれてみたら父親がロナウジーニョ



マイケル・ジャクソンに似てる(笑)



大きな目じゃなくて口が・・・
フフッ



誰が見ても息子だ
ふふふふふふふふふふ




外界人の息子=やや外界人



善良そうだ・・(笑)(笑)



合成したんじゃないのか?
歯、顔がまったく同じだ



本当にそっくりだ
ふふふふふふふふふふ



顔だけでなくサッカーの実力も似ていれば



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...