シュティーリケ号、レバノン戦予定通り開催・・・「安全保障を受けた」
聯合ニュース




※一部要約

シュティーリケ号の2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選のレバノン遠征の試合が、政局混乱でも予定通り行われることになった。

大韓サッカー協会は、レバノン政府とレバノンサッカー協会が8日に行われる予選に関して、一切の安全を保証することを約束したと5日明かした。

大韓サッカー協会によると、レバノン政府とレバノンサッカー協会はFIFAに競技場の秩序維持、韓国選手団への警備強化などの安全保障を約束し、FIFAは前日夜にそのような内容の入った書信を大韓サッカー協会に送った。




レバノン、FIFAに警備強化を約束・・・韓国-レバノン戦予定通り行われる
スポーツソウル




※一部要約

最近レバノンは、ゴミ処理問題から始まった大規模反政府デモが首都ベイルートを中心に続いていて、治安が非常に不安定な状況である。


スポンサーリンク
楽天




選手たち気をつけて・・



選手も選手だが関係者や記者も安全に注意してくれ



それでも第3国でやってはいけないのかTT



アジアカップでもそうだしワールドカップ予選でも
レバノンとはあまりにも頻繁に会っているようだ
レバノンは日本と会わないと



我が国は他のことは知らないが他国に比べて治安はそれなりに良い方だ



本当に爪一つでも怪我をさせたら黙っていない



以前にトーゴ代表チームも試合後に移動のバスを
襲撃されて○害されたことがある・・・
どうか安全にかなり気を使ってくれることを願う



FIFAは内戦や大規模デモの国がホームチームであれば
第3国で行わなければならないようにするべきじゃないのか?
最も重要なのは選手の安全だから・・



試合に勝つより安全が優先!



我が国の宝のような選手をつま先でも傷つけてみろ
注意しろ



少しでも危険なら中立国で進めなければならない



今回はレーザービームも厳しく処断する必要がある



チョ・グァンレ時代のレバノン遠征を思い出す
当時も雰囲気は険悪だったがチョ・グァンレ号が
レバノン選手を英雄にしたので安全保障をしっかりと受けた
ふふ



レバノン遠征で前回やられた屈辱を返そう!



大破しすぎたら事件になりそうだから5対0くらいにしよう



第3国にしてくれ



第3国でやれ!
安全が一番だ!!



やれやれ・・
時代が時代なのに・・
こういうことを心配しなければならないとは・・
悲しい現実だ



レバノンの同胞も応援を自制してくれ



私たちの常連相手レバノンは日本と会うべきだ



むしろ試合を放棄しろ
安全的に



シュティーリケ監督を帰化させて終身監督として迎えよう



中東の弱体レバノンに負けたり引き分けたりしたら辞任してくれ・・・・・
共感2非共感12



試合・・・やめよう
危険だ本当に・・・



怖気づく必要はない
シュティーリケ監督はドイツ人だから
何か起こしてドイツ政府が出てくれば
レバノン人もむやみにはできない




勝っても危険で心配
負けても心配だ・・
それでもしっかりやってくれ!



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...