[ネチズンに答える] ソン・フンミン、35歳まで兵役延期が可能か?
日刊スポーツ




※一部要約

"ソン・フンミンは高退(高等学校中退)だから35歳まで兵役延期可能か?"

日刊スポーツは31日、ソン・フンミンのトッテナム移籍のニュースを伝え、"軍隊をまだ免除されていないソン・フンミンにトッテナムが400億という巨額を使って5年の長期契約を結んだ背景が気になる"と報じた。
一部のネチズンが強く反論した。
その内容で"ソン・フンミンは高退だから35歳まで兵役延期が可能で何の問題もない"というコメントがかなり走った。
果たして事実なのだろうか。
結論から言えばまったく誤った情報である。


20150901060116a.jpg


スポンサーリンク
楽天





6月30日に兵務庁が兵役処分の基準を発表してこのような噂が触発されたのだとみられる。
変更された基準によると、もともと現役入営の対象だった高退と中卒学歴者のうち、身体等位1~3級は補充役(社会服務要員召集対象)に転換される。
今年は入営待機者が多く入営待機現象が深刻化し、これを緩和するための措置だった。
だがこれはあくまでも今年だけに適用される。
兵務庁のキム・ヨンドゥ副報道担当者は「2015年に徴兵検査を受けた人だけに該当する」として、「兵役処分の基準は毎年変わる。今年の基準が来年に維持されるか、でなければまた変わるのかはまったく分からない」と明かした。
兵務庁はソン・フンミンが今年徴兵検査を受けたかどうかは、個人情報保護によって明かすことができないという立場である。
ただし、海外でプレーするサッカー選手が通常満24歳まで兵役検査を延期してきた前例を見たとき、満23歳のソン・フンミンはまだ兵役検査の前である可能性が高い。


20150901060116b.jpg


ソン・フンミンが今年徴兵検査を受けたり(あるいは年内に受ける予定)、または来年以降も今年のような兵役処分の基準が維持されればどうだろうか。

ソン・フンミンは高退で、現役ではなく補充役で軍隊に行く公算が高い。

兵務庁のHPによると、補充役が国外で就職すれば3年の範囲内で満27歳まで国外旅行の許可が可能だ。
海外クラブでプレーするソン・フンミンが国外就業者に分類されれば、満27歳になる2019年までは大きな制約なしにヨーロッパの舞台を走ることができるという意味である。
だがそれでも無条件に35歳まで現役兵入隊が延期されるという意味ではまったくない。

キム副報道担当者は「現役兵で入営できる最後の年齢が満35歳で、36歳からは補充役の服務をしなければならない。これを35歳まで延期になると勘違いしているようだ」と語った。
彼は続けて「入営延期も最大2年の範囲内で5回まで可能で、延期する毎に理由とともに証明書類を提出して許可を受けなければならないので、そうして35歳まで延期する人もほとんどいない」とした。

キム副報道担当者は利点をさらに強調した。
彼は「それぞれが病気や学歴などにより、兵役を履行できる環境など置かれている状況が異なり、一般論的な基準を特定の個人に適用することはできない。"特定の誰々はいつまで兵役延期が可能だ"という式で飛び交う言葉はすべて間違っている。誤解しないで欲しい」と呼びかけた。


ミリタリー服飾用語事典 ~日・独・仏・英・米・伊・露・芬~ミリタリー服飾用語事典 ~日・独・仏・英・米・伊・露・芬~
津久田 重吾,アークライト

新紀元社
売り上げランキング : 115120

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...