ソン・フンミン・武藤・アズムン・・・亜キラー、大勢は"ヤングガン"
フットボールリスト




※一部要約

アジアの強者は若い"キラー"を保有している。
ソン・フンミンと武藤嘉紀、そしてサルダル・アズムンが主人公だ。

韓国と日本、イランはアジアを号令する強豪チームである。
3回に行われた2018ロシアワールドカップアジア地区2次予選でも並んで大勝した。
韓国は8-0で大勝した。
日本はカンボジアに3-0の勝利をおさめた。
イランはグアム相手に6-0の大勝を手にした。
強者の姿を遺憾なく発揮した試合だった。

3ヶ国はすべて"大勢"となった若いFWを中心に勝利を手にした。
韓国はソン・フンミン、日本は武藤、そしてイランはアズムンを中心に攻撃を試みた。
結果も良かった。
3選手は優れた能力を発揮して存在感を発揮した。

最近3000万ユーロ(約397億ウォン)の移籍金を記録してプレミアリーグの名門トッテナムに移籍したソン・フンミンは、ラオス戦でハットトリックを達成した。
90分間活発に動いて韓国の攻撃を導き、爆発的な得点力を誇示してプレミアリーガーの実力を証明した。


スポンサーリンク
楽天





ソン・フンミンはアジア選手の中で最も高い移籍金を発生させたFWだ。
今アジアで最も注目されている選手と言っても過言ではない。
韓国の確実なエースでもある。
今年だけでAマッチ7ゴールも炸裂させた。
正統派ストライカーではないが、左右のサイドから中央に入っていくスピードやドリブル能力は世界的なレベルだ。

武藤はソン・フンミンと同じ1992年生まれである。
夏の移籍市場でマインツのユニフォームを着た。
スポンサー関連でチェルシーのラブコールを受けたりもしたが、武藤は現実的にプレーできるチームのマインツを選んだ。
ブンデスリーガで成功裏に安着した先輩についていったのだ。

武藤は難なくドイツ生活に適応している様子だ。
今シーズンの3試合にすべて出場し、すでに2ゴールも決めた。
日本選手らしく繊細な技術や正確なパスを基に、マインツの主な攻撃資源としての地位を確立している。

能力のあるFWが多い日本代表チームでも出場時間をますます広げている傾向だ。
カンボジアとの試合で香川真司、本田圭佑、岡崎慎司とともに先発で出場した。
ライバルである宇佐美貴史より一歩リードしている様子だ。

イランにはソン・フンミン、武藤より3歳若いアズムンがいる。
1995年生まれのアズムンは、イランが期待している大型ストライカーの資源である。
得点力がすごい。
2014年にAマッチにデビューして11試合プレーし、すでに7ゴールを決めた。
すべてのゴールはアジア国との試合から生まれているが、20歳になったばかり選手の記録であることを考慮すれば注目に値する。

アズムンは多才多能なFWだ。
柔らかいドリブルと正確なシュート、優れたポジショニング能力でゴールを作る。
身長は183センチで身体条件も悪い方ではない。
経験も着実に積んでいる。
ロシアプロサッカーリーグで4シーズン目をはじめた。
今シーズンも5試合に出場して1ゴールを決めている。

グアムとの試合でもアズムンは2ゴールを決めた。
イランではアズムンが過去のアリ・ダエイ以上の選手になることを期待している様子だ。
今の成長速度なら十分可能に見える。
実際にダエイはアズムンに向かって「最高のFWになる」と賞賛したりもした。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…武藤の2ゴールなどでマインツ完勝!ク・ジャチョル欠場
韓国ネチズン反応…「マインツが長身FWコルドバを獲得」「武藤がブンデス3RのMVPに選定」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...