[単独] キム・ボギョンJリーグにUターン、ヨーロッパから戻って行き先は松本
スポーツ朝鮮




※一部要約

キム・ボギョンが3年ぶりに日本JリーグにUターンする。
行き先は今シーズンJ2リーグからJリーグに昇格した松本山雅。

25日、サッカー界に精通している関係者によると、PSVアイントホーフェン入団が不発となってから国内に留まっていたキム・ボギョンが松本入団のため26日に出国する。
Jリーグは8月初めに追加選手登録が締め切られた状態だ。
だがFA身分の選手に限って来月19日まで登録が可能である。


スポンサーリンク
楽天





この日、松本クラブの関係者はスポーツ朝鮮との電話通話で「キム・ボギョン獲得の話が行き来しているのは合っている」としながらも、「それ以外の話を伝えることはできない」と明かした。

出口の見えない状況で気分の良い提案が飛び込んできた。
今月初めにオランダの名門PSVからテストを兼ねた招待状がキム・ボギョン側に伝えられた。
エールディビジの中上位圏チームやフランス・リーグ1、ドイツ・ブンデスリーガのチームも移籍市場の終盤にキム・ボギョンの動きを注視していた。

だが結果は"ハッピーエンド"にはならなかった。
キム・ボギョンは3泊4日の短いテストでコクー監督の心を掴めなかった。
コクー監督はキム・ボギョンに入団オファーをしない方針を固めた。

結局キム・ボギョンはヨーロッパ内の移籍を諦め、Jリーグの舞台に戻る決意をした。
キム・ボギョンが後半期に活躍する松本は、今シーズンに昇格したチームである。
前期リーグで15位に終わった松本は、後期リーグでも16位と後れを取っている。
だがマルチ能力を備えているキム・ボギョンの加勢により、松本は貧弱なゴール決定力から脱することができるだろうと期待感が高まっている。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…キム・ボギョンのPSV移籍が不発、次の行き先は五里霧中

勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ
元川 悦子

汐文社
売り上げランキング : 223192

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...