"AFCチャンピオンズ8強韓日戦"全北vs大阪、全北道民が応援に出る
Newsen




※一部要約

全北現代とガンバ大阪との韓日戦を前に、全北が揺れている。

全北は26日午後7時、全州ワールドカップ競技場でガンバ大阪とACL8強1次戦を行う。

全北はKリーグチームで唯一8強に進出した。
優勝が目標の全北の相手はJリーグと日王杯、ナビスコカップの頂点に登った日本の強豪ガンバ大阪。

韓国と日本を代表する全北とガンバ大阪の対決は、無条件に勝たなければならない。
ACL4強進出はもちろん、チームと国の自尊心に関わるからだ。

全羅北道民も全北に勇気を与えるため多くの関心を見せている。
全州紀全大学は自らシャトルバス22台を動員し、1000人の団体応援に乗り出すことにした。
また、多くの機関や企業の団体観戦の問い合わせが続いている。

全北のイ・チョルグン団長は「重要な試合だ。ファンの応援が切実である。全北現代は私たちの地域のクラブで、自分のクラブだと考えなければならない。多くのファンが競技場を訪れて選手を応援すれば、選手が必ず勝利で報いると思う」とファンの参加を促した。


スポンサーリンク
楽天





ガンバ戦を控えて全北、すでにそわそわ
ベストイレブン




※一部要約

「ここは全州城だ。敵に慈悲はない」

全北現代のホーム競技場である全州ワールドカップ競技場にはそのような垂れ幕がいつもかかっている。
26日夕方7時からガンバ大阪と行う重要な一戦を控えている全州城は、上記の言葉が与える悲壮さですでにいっぱいだ。
多くのファンが全北の勝利のために全州城を緑色で染めるために準備しているからだ。

今回の8強1次戦は、全北とガンバの韓日ライバル戦が実現し、より一層耳目が集まっている。
全羅北道全体がホカホカと熱くなる理由だ。

全州市も応援の先頭に立つ。
全州施設管理公団は競技場の施設点検や支援に積極的に乗り出し、全北地方警察庁も試合当日の安全対策や交通混雑に備えて支援人材を増やすなど、全北が安心して勝利を手にするよう助ける。

座席も飛ぶように売れている。
全州城は市郊外の周辺に位置しているため公共交通が楽ではなく、観客が訪れるのは簡単ではない方である。
それでも今回の8強1次戦はすでに仁川ユナイテッド戦の前売り率を軽く越え、普段の平日の前売り率の2倍を越えるなど高い関心を集めている。

Kリーグの中で唯一8強まで生存している全北としては、必ずガンバを捉えてACLでさらに高いところまで上がるという悲壮な覚悟を固めている。

熱い韓日戦を控えている全州城に戦雲が漂い、2日前から全羅北道がそわそわしている。


【関連記事】
【ACL】全北イ・グノがガンバ大阪を分析「典型的な日本チームなので強い圧迫を選手が嫌がる」
【ACL】全北のイ・ドング「ガンバ大阪戦は無失点で勝つ」

新装版 戦雲の夢 (講談社文庫)新装版 戦雲の夢 (講談社文庫)
司馬 遼太郎

講談社
売り上げランキング : 55831

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...