[ソ・ジェウォンEPL通] "岡崎の活躍"で日本は再びEPLに熱く
インターフットボール




※一部要約

岡崎慎司の活躍で日本に再びEPL熱風が吹いている。

岡崎はEPLデビュー2試合目でデビューゴールを放った。
岡崎は15日、ウェスト・ハムとのEPL2ラウンドでデビューゴールを決めた。

英国現地メディアの賛辞も列をなした。
英国BBCは岡崎をMOMに選定し、スカイスポーツも彼にチーム内最高点の8を付与した。
ギャリー・ネビルは「今夏EPLへ新たに合流した選手の中で岡崎が断然最高だ」と絶賛した。

まだ2試合を行っただけだが、日本人プレミアリーガーにこうして熱い関心が向くのは異例的なことだった。

記者が英国の住んでいて、アジア圏の友人の前で最も堂々としていられるときが、EPLの話をするときだった。
日本人、中国人を分ける必要もなく、サッカーの話が出てくれば"パク・チソン"をまず言及して韓国人を羨んだ。

逆に日本の友人は頭を下げた。
ときどきパブで会ってサッカーの話を交わす同い年の友人ノブは「日本にはパク・チソンのようなスターがいない。EPLにパク・チソンのような選手がいれば日本は大騒ぎどころじゃない」と言ってため息を吐いたりした。


スポンサーリンク
楽天








だが実際にアジア圏からEPLの舞台を初めて踏んだ国は日本だった。
2001年に稲本潤一がアーセナルにレンタル移籍して、アジア選手として初めてEPLに進出した。
その後西澤明訓、戸田和幸、中田英寿、宮市亮、香川真司、などが順にEPLの門を叩いたが、いつも失敗に終わった。
現在は吉田麻也とともに岡崎が唯一の日本人プレミアリーガーだ。


20150821132804b.jpg


日本で最も人気のあるリーグはセリエAである。
私たちがパク・チソンの活躍でEPLの関心が増幅されたように、日本人は過去に中田や中村俊輔など日本を代表する選手が活躍したセリエAを好む。
イタリアサッカー雑誌"カルチョ2002"が公式発刊されるほど、日本でセリエAの人気は天を衝いた。
現在も本田圭佑や長友佑都などが各チームで活躍し、その人気を維持している。

日本のセリエA人気は統計にもあらわれている。
アメリカの"ブリーチャーレポート"はスポーツマーケティング専門企業の調査結果を引用し、「マンチェスター・ユナイテッドがアジアで最も人気のあるクラブに選ばれた。だgだ調査国の中で唯一日本ではマンUよりACミランの人気の方が高かった」と伝えた。
日本でマンUはACミラン、バルセロナに続いて2位を占めた。

それでも日本人がセリエAだけに偏食しているのではない。
セリエAへの愛と同じくらいEPLへの関心も離れてはいない。
実際、日本人はずっとEPLに憧れていた。
英国内で10年以上チケット代行業をしている人の話によると、「今もEPLのチケットを購入する顧客の中で、日本人と韓国人の比率は9対1だ。むしろ韓国人の数値はパク・チソンの成功と今のキ・ソンヨンの活躍によって高くなった数値」と説明した。

実際に記者が2シーズンの間、EPLの競技場に通って確認した日本人ファンの数はかなりのものだった。
もちろん韓国人選手がプレーする試合では韓国ファンで人集りができるが、そうでない試合で見える東洋人はすべて日本人か中国人だった。
英国に住む何人かの日本人は、最初からシーズンチケットを購入して競技場を訪れる情熱的なファンも多かった。
日本でEPLは本当に憧憬の対象だった。


20150821132804c.jpg


日本が韓国を最も羨んだ理由は、マンUで活躍したパク・チソンのためだった。
なので2012年に香川がマンUに移籍したときの熱気は想像を絶していた。

だが日本人自身も香川の成功を祈りながら、不安は隠すことができなかった。
過去、取材中に会った日本人のEPL特派員も「香川が成功することを願う。だがパク・チソンを飛び越えるほどの活躍は難しいだろう」と冷静に評価した。
記者の周囲の日本人の友人も香川がマンUで成功することに半信半疑だったし、香川は2シーズンでドイツに復帰した。

一方の岡崎は状況が違う。
日本人の反応は香川のときより静かだが、むしろ自信に溢れている。
日本現地でも岡崎の活躍でEPLを再照明し、まだ2ラウンドだけだが英国内でEPLのチケットを手に入れようとしている日本人の問い合わせが殺到しているという。


20150821132804d.jpg


岡崎の活躍で、日本人が再びEPLに熱い反応を見せている。
また生き返ったEPL熱風を続けるためには、彼のさらなる安定した活躍が必要だ。
岡崎もやはり過去のインタビューでその責任感について語った。
彼は日本の京都通信(※たぶん共同通信)とのインタビューで「EPLで成功するのは難しいが、自分にそのチャンスがあると信じている。EPLで成功する初の日本人選手になりたい」との意志に念を押した。


【関連記事】
韓国ネチズン「日本人らしくない選手」…岡崎が2試合目でプレミア初ゴール!レスター単独首位
韓国ネチズン反応…ギャリー・ネビルが岡崎を絶賛「プレミア移籍生の中で最高」
韓国ネチズン「日本はミラン?」…アジア最高の人気クラブはマンUで選手はメッシに

サッカーゲームキング 2015年 10 月号 [雑誌]サッカーゲームキング 2015年 10 月号 [雑誌]


朝日新聞出版 2015-08-24

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...