チェ・ヨンス監督、「最大の変化は"自信"」
ベストイレブン




※一部要約

「今シーズンに振るわなかったときと比べて最も大きく変わった点は自信だ。ゴールを決められるという自信である。その自信が変化したFCソウルを作った」

20日午後3時、GSチャンピオンパークで大田シチズン戦(Kリーグクラシック27ラウンド)を控えているソウルのプレスデーが行われた。
今回の記者会見にキム・ナムチュンやシムサンミンとともに参加したチェ・ヨンスソウル監督は、チームが最近3連勝を謳歌していて自信を取り戻したと言って笑った。

不振だった前半期に比べて最も変わったことは何かと尋ねられ、チェ監督は躊躇なく「自信だ」と答えた。
チェ監督は「あのときと比べると心理的な部分がかなり変わった。特にゴールを決めなければならないという圧迫による自信欠如が問題だった。それで逃した試合がかなり多かった。だが最近ゴールを決めて、その部分がかなり改善された」として、最大の柱は自信だと表現した。


スポンサーリンク
楽天





変わった雰囲気、自信を得たチェ・ヨンス「順位を上げるチャンスを逃してはならない」
スポーツソウル




※一部要約

得点力が不十分だったソウルについて、ファンは試合のたびに得点が"0でなければ1"という意味で"2進法サッカー"というニックネームを付けた。
チェ監督は「2進法サッカーという評価は恥ずかしい別称だ」と笑い、「私たちの選手団の構成に合ってない結果のせいで、そのような指摘が出るほかなかった。シーズン全体を見なければならないので待つ時間が必要だったが、良い変化が起きている。ゴール決定力が安定していて良い結果が出ている」と自評した。
シーズンのはじめから困難に陥っていたゴール不足現象は、最近パク・チュヨンのコンディションが復活してアドリアーノが加勢し、解決の糸口を見つけている。

前方の2トップによる新たな調和が力を発揮している中、コ・ミョンジンの移籍で戦力の空白が予想された中盤も、憂慮とは異なり早くも安定している。
日本代表出身MF高萩がチームに早く適応しつつあるおかげである。
チェ監督は「非常に創造的だ。予想できないパスや、ボールをしっかりと受けられるポジショニングなどの概念が良い。Kリーグがタフなのを分かっていて、そういう(※タフな)状況にさせなようにする賢い選手だ。Kリーグで十分成功できる」として、「思ったより適応が早いが、まだ試合を通じてさらに整える必要がある。9月が今シーズンの勝負どころなので、呼吸を合わせている」と語った。


【関連記事】
【動画】韓国ネチズン反応…FCソウルの高萩が豪快ミドルでKリーグデビューゴール!ソウル4-2釜山

(ナイキ)NIKE サングラス SHOW-X2 SMU(ショーエックスツー) サンフレッチェ広島 EV0823 050 ブラック/パープル×グレーシルバーフラッシュ Free(ナイキ)NIKE サングラス SHOW-X2 SMU(ショーエックスツー) サンフレッチェ広島 EV0823 050 ブラック/パープル×グレーシルバーフラッシュ Free


NIKE(ナイキ)

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...