ガンバ戦に照準、全北が見る"ニューダッコン"の公開日
エクスポーツニュース




※一部要約

「すべてのフォーカスは26日のガンバ大阪戦に合わせている」

夏の移籍市場で攻撃陣に多くの変化が起きた全北現代は、休息期にルイスやウルコ・ベラ、イ・グノなど新たに合流した選手を活用しなければならない宿題があった。
これまでいたエドゥとエニーニョを中心に解いていった動きをどれだけ変えたのかに関心があった。

12日、東アジアカップの休息から初めての試合だった釜山アイパーク戦の内容は残念だった。
2-0で勝ったが、相手のオウンゴールで均衡が崩れなければ無得点で終わったかもしれなかった。
それだけ攻撃で和が合わなかった。

物足りなさは大きかったが、覚悟した手順である。
一気に変えることはできないというのはチェ・ガンヒ監督が最も分かっている。
チェ監督は「エドゥが残ってルイスが来るのがベストだったが、そうはならなかった」として、「監督は材料のせいにしないで美味しい料理を作る職業だ。組み合わせを作るのに注力している」と今の状況を伝えた。


スポンサーリンク
楽天





全北の新たなダッコン(※黙って攻撃)の完成時期は半月後だ。
ガンバとのACL8強1次戦に合わせ、実践を通じて足りない部分を補完するという考えである。
幸いイ・グノが出場できるようになったので、チェ監督の計画はさらに弾みをつけることになった。

重点は実戦感覚が不足しているベラとイ・グノのコンディションを上げることだ。
ベラは1ヶ月、イ・グノは2ヶ月以上実戦から離れていたので、すぐに100%を望むことはできない。

ベラの場合はKリーグとアジアサッカーのテンポに適応する必要がある。

それでも期待感と自信は十分だ。
復帰戦からゴールを炸裂させ、攻撃型MFの不在を忘れさせたルイスの存在は核心である。

チェ監督は「ルイスとイ・ジェソンを同時に使えば攻撃力が向上する。しかも後ろに下がった相手だとルイスはさらに上手くやる」として、「態度も変わった。切実さが生まれたからか、酒も口にせず体の状態にかなり気を使っている」と賞賛を惜しまなかった。

続けて「イ・グノは様々なポジションでプレーでき、多様性をチームに提供する。チームにとっては本当に有用な選手」として、「ベラも性格が明るく適応は心配していない」と言い切った。

チェ・ガンヒ監督が見ている完成形のダッコンはどうなのだろう。
チェ監督は「前半期は不格好にゴールを決めて勝った試合が多かった。今の資源を見れば、組み合わせは本当に良い。破壊力は多少落ちるだろうが、よりスムーズで洗練された攻撃ができる」と自信を見せた。


※釜山戦のハイライト



【関連記事】
韓国ネチズン反応…Kリーグ最高の外国人ルイスが全北に復帰「2011年のACLが忘れられない」
【Kリーグ】韓国ネチズン反応…全北がビルバオ出身の長身FWウルコ・ベラを獲得
全北イ・グノが負傷選手の代替でACLガンバ大阪戦の出場が可能に


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...